So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

石田長生 1stメモリアル。ライブレポ。 [音楽(石田長生)]

石田長生 1stメモリアル 2016 7.11 大阪ビッグキャット

昨年になくなった石田さんを追悼するメモリアルライブが、大阪ミナミの
ビッグキャットで開催されました。石田さんと交流のあった
関西のミュージシャンが勢ぞろいということで、チケットはソールドアウト。
ビッグステップの階段にずらりと列ができるという光景、久しぶりに見ました。
藤井裕さんのCD発売ライブ以来かな。

IMG_0645M.jpg

IMG_0646M.jpg

かなりの数のアーティストが出るということで、
リハーサルに時間がかかるようで、開場は少し遅れました。

会場に入ると、飛び込んできたのが石田さんの写真。
うん、泣けるなあ。
やっぱり、亡くなっちゃったんだよな、なんてしみじみ。

IMG_0653S.jpg

場内暗転、いよいよオープニング。
予想としては、清水興さんあたりが出て来てMCするのかな、
なんて思ってましたが、違いました。
トップは、押尾コータローさん
石田さんが大好きだったタイガースのユニフォーム姿。
「やりまっせー!石やん、ありがとう!」の第一声のあと
ギターを弾きはじめました。曲はなんと「六甲おろし」。
インストかなと思いましたが、途中から「みなさん一緒に歌いましょか」の
呼びかけに応えて観客と一緒に大合唱。石田さんのメモリアルらしい
オープニングでした。

ここで、MC役としてBIGCATの津田さん登場。
司会うまいんですよね、この人。ユーモアあふれるMCが得意。
2番手は、ヨモギ
石田さんが最後にプロデュースしたシンガー長谷川かおりさんと
本夛マキさんとのユニット。今年の新春ミナミ吠えるにも出て、
石田さんの歌を何曲も演奏していました。まさに石やんズチルドレン
という存在だと思います。彼女たちの選曲は、「クレイジーラブ」。
石田さんがよく歌っていたヴァンモリソンのカバー曲。
歌詞は日本語、石田長生バージョンで歌いました。

続いては、西田忠彦さん。昔、石田さんが
Rockin' TAMAGOというバンドを率いてライブをやってましたが、
おそらくそのバンドのギタリストだと思います。
曲は石田さんの1stソロアルバム収録の「HEY,マイルス」のマイルスの
部分を石田さんの名前に変えた「HEY,サム」(HEY,マイルス)

ジャズシンガー浜崎明子さん登場。石田さんが入院前に
一緒にセッションして、ライブでの共演を約束していたとか。
ギターは、ジャズギタリストの竹田一彦さん。
石田さんは、若い頃、竹田さんのギター教室に通っていたそうです。
曲は、セロニアス・モンク作曲、マイルスデイビスでおなじみの
ジャズナンバー「Round About Midnight」。
石田さんのカバーバージョン、良かったですよね。あのギターは
絶品でした。もう一度聴きたかった。

まっすんこと増田俊郎さんが登場。
2曲歌いました。1曲目は増田さんのオリジナル。
♪暗い墓の中、誰かがくるのをずっと待っているだけ。
♪いつか自分を知ってる最後のひとりが、この世からいなくなるとき、
♪それがほんとの別れじゃないかな。ほんとの死じゃないかな。
そんなような歌詞でした。この曲にはグッときました。
う〜ん、涙が……。会場にいたみなさんも同じ思いだったんでしょう、
終わった後、ものすごい拍手でした。
後日、FBを通じて増田さんに曲名を聞いたところ、
まだ正式には曲名を決めてなくて、今は「何処へ行くんだろう」と
呼んでいるとのこと。
ここで、住友俊洋さんと高木太郎さんが呼ばれて
ボブディランのカバー「天国への扉」。石田さんも
ライトニングブルースギターというイベントで歌っていた曲です。

続いては、豊田勇造さん。曲は、そのものずばり「石田長生」。
最後のコーラスの部分で、金子マリさん登場。

ここから、石田さんが組んでいたバンドやユニットの再現コーナー。
まずは、トレスアミーゴス。清水興中村岳 with 三宅伸治
曲は「誰のためでもない舟」。
続いて、ゲストをまじえて、石田さん作曲の阪神タイガース応援曲。
「嵐は西から」。

さらに、ヘモグロビンデュオコーナー。
有山じゅんじさん登場。有山さんが出て来ると
場の雰囲気は一転。しみじみムードから、笑いに包まれるライブへと
変わりました。「こんな感じの方が、石田もええやろ」と有山さんが
言ってましたが、うん、そうですよね。石田さんに涙は似合わないかも。
曲は、石田さんの十八番「IKO IKO 」。石田さんが日本語の歌詞をつけた
カバーナンバーです。
有山さん、きょうは酔ってるのかな。
歌でちょっとミス。「石田の歌、難しいねん」と苦笑い。

有山さん、「次は平成トリオやで」と言いながら木村充揮さんを
呼びました。木村さんも顔真っ赤っか。
有山じゅんじ、木村充揮 with 三宅伸治で、一日限定の新平成トリオ?
「平成トリオのテーマ」「ボートクラブロード」「ねえ神様」と3曲。
酔った先輩二人を冷静な後輩が見守ってる、そんな感じのパートですね。
「石田さ〜ん、もう、たいへんで〜す」なんて、三宅さんが言ってましたが、
すごく楽しそう。もしかすると、このメンバーで…。それはないかw

大塚まさじさん登場。
「この人たちの後はヤメてくれ言うてたんやけど…」のひと言。
確かにやりにくいでしょうね。オリジナルディラン時代の話とか、
昔のエピソードが語られました。
曲は、「天王寺想い出通り」「アフリカの月」。

再び、押尾コータローさん登場。バックは、清水興さんと中村岳さん。
曲は、「PUSHING TAIL」。石田さんがコータローさんに
プレゼントした曲だそうです。PUSHING 押す TAIL 尾。
石田さんらしいタイトルですね。

続いては、内田勘太郎さん。
顔が赤いw かなり飲んでる感じ。勘太郎さんの
こういう姿は珍しいんじゃないかな?
曲は、渋いブルースナンバー。
住友俊洋さん高木太郎さんが加わってもう一曲。
最後は、「クレイジーラブ」、ヨモギと選曲がかぶりましたが、
こちらは英語バージョン。

そして、大西ゆかりさん。この人が出ると
盛り上がりますね。
曲は「That Lucky Old Sun」とゆかりさんもレコーディングした
石田さんのオリジナル「アンコール」。

金子マリさん登場。正木五郎さんが出てきて、ボイス&リズムです。
曲は「真夜中の歌姫」。この曲、当時、
金子マリさんのことを歌った曲だと噂されていましたね。
で、演奏がはじまったんですが、マリさんが途中で
「五郎ちゃん、ちょっと速いわ。」と曲を中断。
テンポを変えてやり直すというハプニングがありました。
有山さんも言ってましたが石田さんの歌は歌うのがとても難しいんだそうです。
「真夜中の歌姫」は息継ぎをする場所がなく、テンポが速くて
苦しくなったんだそうです。
もう一曲は「HAPPY GHETTO SONG」。ボイスの1stアルバムの
エンディング曲。この選曲はうれしかった。
ボイス&リズム、おそらく石田さんがつけたバンド名なんでしょうが、
すごく自信にあふれた名前ですね。歌とリズム、というのは
自分自身のことでもあるんだろうけど、
強力なボイス(金子マリと砂川正和)と完璧なリズム(藤井裕と正木五郎)、
石田さんの理想に近かったんじゃないかな。

そして、上田正樹さん登場。
ベーカー土居さんも加わって、バッドクラブバンドSET。
石田さんや佐藤博さん藤井裕さんがいた伝説のバンドですが、
ついに2人になってしまいました。
上田正樹、ベーカー土居 with 三宅伸治、清水興、Yoshie.Nというメンバーで、
1曲目は「Brothers And Sisters」

続いて竹田一彦さんをゲストにジャズナンバー。
上田さんと石田さんは、何年も前から、一緒にジャズのスタンダードを
やろうという約束をしていたんだそうです。
そのかなわなかった約束を、この日のステージで。
曲は、「My One and Only Love」。

3曲目は、クルセイダーズの代表曲「Soul Shadows」。
「石田、聴いてるか〜、おまえのソウルシャドウや!」と
上田さんが絶唱。

そして、いよいよ、ラストナンバー。
有山じゅんじさんが再登場して。
曲は、「バッドジャンキーブルース」。

アンコールは、石田さんのライブではおなじの2曲。
THE BANDのカバー「THE WEIGHT」と
「Happiness」。

IMG_0664.jpg

IMG_0665.jpg

IMG_0666.jpg

3時間30分の長丁場。
涙、涙のライブになるのかな、と思ってたんですが、
笑いもあって、楽しいライブでした。
しかし、このメンバーはすごいなあ。

ishida00.jpg

IMG_0686.jpg

で、きょう25日は、石田さんのバースディ。
神戸と東京で石田さんを追悼する二つのライブが開催されます。
東京には、大阪でのライブに出なかったCharさんが登場。

IMG_0709.jpg

セットリスト
押尾コータロー
「六甲おろし」
ヨモギ(長谷川かおり・本夛マキ)
「クレイジーラブ」
西田忠彦
「HEY,サム」(HEY,マイルス)
浜崎明子wIth 竹田一彦、清水興
「Round About Midnight」
増田俊郎
「何処へ行くんだろう」
増田俊郎 with 住友俊洋、高木太郎
「天国への扉」
豊田勇造 with 金子マリ
「石田長生」
豊田勇造
「?」
清水興、中村岳 with 三宅伸治(トレスアミーゴスSET)
「誰のためでもない舟」
清水興、中村岳 with 三宅伸治 中山剛、松下雄一郎
「嵐は西から」
三宅伸治 with 有山じゅんじ(ヘモグロビンデュオSET)
「IKO IKO 」
有山じゅんじ、木村充揮 with 三宅伸治(平成トリオSET)新平成トリオ?
「平成トリオのテーマ」
「ボートクラブロード」
「ねえ神様」
大塚まさじ
「天王寺想い出通り」
「アフリカの月」
押尾コータロー、清水興、中村岳
「PUSHING TAIL」
内田勘太郎
「?」
内田勘太郎、住友俊洋、高木太郎
「?」
「クレイジーラブ」
大西ゆかり、三宅伸治、清水興、中村岳
「That Lucky Old Sun」
「アンコール」
金子マリ、正木五郎 with 三宅伸治、清水興(ボイス&リズムSET)
「真夜中の歌姫」
「HAPPY GHETTO SONG」
上田正樹、ベーカー土居 with 三宅伸治、清水興、Yoshie.N
(バッドクラブバンドSET)
「Brothers And Sisters」
上田正樹、ベーカー土居、竹田一彦、三宅伸治、清水興、Yoshie.N
「My One and Only Love」
上田正樹、正木五郎、三宅伸治、清水興、佐納良子、Yoshie.N
「Soul Shadows」
上田正樹、有山じゅんじ、正木五郎、三宅伸治、清水興、佐納良子、Yoshie.N
「バッドジャンキーブルース」

アンコール
全員
「THE WEIGHT」
「HAPPINES」

ishiyan01.jpg

oshiyan03.jpg

ishida02.jpg





nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(育児日記)花火&祭り。 [育児日記(7歳〜)]

16日の夜。息子の友だちを誘って
近所の公園で花火。

IMG_0711S.jpg


17日は、公園でキャッチボール。

18日、高津神社の夏祭り。

IMG_0738.jpg

IMG_0726S.jpg


土日月の3連休、息子にとっては
楽しい休日になったようです。

で、めでたしめでたし、となるはずなんですが、
昨日の夜、高熱が出て、きょうは学校をお休み。
扁桃炎のようです。

そして、飼育していたカブトムシと
鈴虫もダメだったことがわかりました。
やっぱ、難しいみたいですね、
幼虫から成虫に育てるのは。トホホ。






nice!(3) 
共通テーマ:育児

きょうは、石田長生さんの命日。 [音楽(石田長生)]

衝撃だったよなあ、一年前。知ったのは、FBでの書き込み、

まさかまさかの出来事だった。いまだに信じられないというか、ひょこっと

ステージに出て来るんじゃないか、なんて思うことがある。

石田さんのエレキギターのサウンドは、自分にとってほんと特別だった。

心にここまでググッとくるサウンドを出せる人は、

他にはいないんだよな。だから、ほんとにぽっかり穴があいた感じが

今も続いている。

日本でいちばんうまいギタリストだ、とは思わないけど

「うまさの基準ってなんや?」と、そんなことを問いかけていた

ようなギタリストだと思う。

石やんのギターは、大阪弁や。いろんな人にそう言われていたけど、

その部分も、心に響いてたのかな?

石田長生、藤井裕、正木五郎。

自分の中で永遠の3ピースバンドの最高峰。

ボイス&リズム、もう一度、見たかったぜ!



もっともっといろんなことを書きたいけど、

きょうは、ここまでw

P1020319s.jpg

タグ:石田長生
nice!(1) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -