So-net無料ブログ作成

キム・ウリョンLIVE at CONPASS 2016 [音楽(キムウリョン[金佑龍])]

キムウリョンさん。祝春一番コンサートで何度か見ているうちに
ファンになり、単独ライブを見てみたいと思っていたミュージシャンです。
彼は、ギター一本での弾き語りのライブをよく行うんだけど、
できればバンドでのライブを体験したいと思っていました。
そんなときネットを検索していて偶然見つけたのが、心斎橋のコンパス
という場所でのライブ情報。
この前に書いた、第一回なにわブルースフェスティバルと同じく、
約一年前のライブなので、記憶があいまいなんだけど、
せっかくなんで、ライブレポを書きとめておきます。

IMG_1111SS.jpg


金 佑龍ワンマンライブ @大阪心斎橋CONPASS 2016.11/18

金 佑龍
サポート:脇山広介/笹井克彦/宮下 広輔/オカザキエミ

会場は、心斎橋のCONPASSというライブスポット。
ここへいくのは初めてでしたが、入ってびっくり。なんと座席がないw
というわけで、オールスタンディングのライブとなりました。

客層は、女性が中心。男女比3:7っていう感じ。
サウンドはおしゃれだし、言葉も繊細、物腰が柔らかいから
女性に受けるのかもしれませんね。
で、若い女性もいるが、年配の人も以外と多い。
そういえば、開場前に並んでた人たちが、リクオさんの話をしていたが
そのへんとダブってるのかな?

IMG_1113SSS.jpg

で、ライブレポ。開演予定時刻から、少し遅れてスタート。
ハルイチのときは、かなりあがってる様子が印象的だったが、
それよりは落ち着いている感じ。
オールスタンディングだし、ガンガン飛ばしていく感じかな
と思いましたが、ポップにゆるやかに進んでいきました。
この日は、彼が所属していたバンドcutman-boocheの曲を
たくさんやりますと語っていたので、懐かしい曲中心の
セットリスト。あとはアルバム「Live in Living」から。
「Try Again」など、45トリオとの共演アルバムの曲も。
セカンドアルバムからは、ほとんどなかった。
夏をイメージした曲が多かったから、そのせいなのかな。

IMG_1114.jpg

繊細でおしゃれでポップなライブ。バンドもうまいですね。
ただ、もう少し長くてもいいんじゃないかな、なんて思いました。
いつもこれぐらいなのかな。
そうそうアルバムもね。もうちょっと曲数を
増やしてもいいように感じますね。

ブレイクしたい、みたいなことを彼はいつもいってるけど、
その才能、音楽性からいっても、それがいつ実現してもおかしくないと思います。
たぶん、彼は繊細さとともに頑固さも持ち合わせているんだろうけど、
それを失わずがんばり続けてほしいものです。




Live In Living

Live In Living

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: JUST DA SING RECORDS
  • 発売日: 2013/06/19
  • メディア: CD




ling lom

ling lom

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: apple of my eye
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: CD





nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0