So-net無料ブログ作成

Char「漫才は石やん(石田長生)としかやらない」。 [音楽(石田長生)]

7月17日の夜、FBで緊急発表されたCharさんのフリーコンサート。
なんと開催は2日後の7月19日。あまりにも急なので、
これはきっと、7月9日に亡くなった盟友石田長生さんの
追悼ライブに違いない、そう感じた。
もしそうなら、石田さんゆかりの人たちも出てくるかもしれない。
金子マリさんやその息子たち、22日に下北沢でライブをやる
有山岸feat.上田正樹(有山じゅんじ、山岸潤史、上田正樹)のメンバーなどなど。
これは、なんとしてでもかけつけたい、と思ったのだが、
場所は東京。独身ならともかく、やっぱり無理かな、
というわけで、ツイッターやFB、ブログのライブレポを待つ事にした。

当日、開演時刻の16時を過ぎた頃から、ツイッターなどで
ライブの様子が流れはじめた。どうやら、このライブは、
急遽決まったものではないようだ。緊急発表というカタチの告知は、
おそらく、フリー(無料)ライブということで、チケット争奪を
避けるための配慮だろうと思う。

ライブは、13歳のギタリスト宮本アキラさんから、
16歳の山岸竜之介さん、佐橋佳幸さん、大ベテランの
ムッシュかまやつさんまで、
世代を越えた新旧ミュージシャンとCharさんの共演。
もともとは、そういうテーマのライブだったようだ。
そして、石田さんの死によって、内容を変え、
新たにメンバーを加えたのではないだろうか。
開演してすぐに、山岸潤史さんが登場したらしいが、
これはあきらかに、石田さん追悼の意味合いだと思われる。
石田・山岸のツインギターで知られる伝説のバンド、
ソーバッドレビューのナンバー「ソウル地下鉄」を
演奏したとのことだ。

この日のライブは二部構成。Charさんの息子JESSEさんが
出てきて、「石田長生!」という叫び声を上げてからは、
石田長生追悼ムード一色となったらしい。金子マリさんらと
ともに、「ニッポンCharCharChar」「Happiness」
「ANYTIME」といった石田さんゆかりのナンバーを演奏。
「Happiness」では、山岸潤史さん金子マリさんらとともに
「石田長生にハピネス!」コールを12回も繰り返したそうだ。
演奏後、Charさんは、楽屋に戻るマリさんに、
「後で泣こうや」と声をかけたらしい。

ピクチャ 1.jpg
Char/フリーコンサート BAHOの写真が飾られています。
(グラスホッパーギターズさんのツイッターより)


さらに、こんな話も伝わってきた。
後半、ムッシュかまやつさんが、場をつなぐためにCharさんに
「漫才でつないでよ」と呼びかけたところ、
「漫才は石やんとしかやらない」とスパッと言い切ったとか。


バカ+アホで、BAHO(Char+石田長生)。このユニットのライブは
いつも笑いであふれていた。その名の通り、曲の合間に
おバカでアホな話を延々と繰り広げていた。はじめてこのユニットを見た時、
Charさんが、まるで漫才師のように「どうも、どうも、どうも、どうも〜」
なんて言いながら登場してきたのには驚いた。その後も、石田さんと
べらべらしゃべりまくる。Charさんってクールで寡黙な人かと
思っていたのに、実際はよくしゃべる人だったんだな。
そう感じて、Charさんの大ファンだという友人に聞いてみると、
そんなことない、Charがライブで話することなんて、ほとんどなかった、
と言っていた。

石田さんだから、バカ話ができたんだろうね。
ほんと、気があったんだと思う。BAHOでのCharさんは、いつも笑顔。
すごく楽しそうだった。

「漫才は石やんとしかやらない」。

あんな気の会うやつはいない。

俺の相棒はあいつしかいない。

Charさんの思いが伝わってくるひとことだ。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(育児日記)家族旅行は、スペインへ。 [育児日記(6歳〜)]

7月25日〜26日は、一泊二日の家族旅行。

場所はスペインです。

もちろん、海外のスペインではなく、電車で行けるスペイン。

P1050234S.jpg

P1050243S.jpg

ホテルの宿泊と「パルケエスパーニャ2DAYパスポート」がセットに

なったプランを予約したので、2日間とも、パルケエスパーニャで

過ごすスケジュールです。

P1050217S.jpg

P1050223SS.jpg

園内は、予想通り、かなりすいていました。

USJにお客さんを奪われて、人気は下降気味なんでしょうね。

でも、それは、訪れたものにとって、

すごくありがたいことです。

乗り物やアトラクションの待ち時間が、ほとんどなしの状態で、

次から次へと、そして何度も楽しめる。

P1050258M.jpg

暑い中、長時間並ばされると、親も子も不機嫌になりますが、

そういうのがまったくなかった。

息子は、ずっとごきげんで、

「スプラッシュモンセラー」という

乗り物が気に入ったらしく、二日間で4回も楽しみました。

P1050259D.jpg

P1050253D.jpg

小学校低学年の子を連れていくなら、

USJへ行かなくても、こっちで十分。

というか、こっちの方がいいかも。

P1050275J.jpg

P1050310H.jpg




nice!(3) 
共通テーマ:旅行

(育児日記)おいおい、また病院かい。 [育児日記(6歳〜)]

昨日の夜の10時前。「鼻に宝石入って、取れなくなった」と

息子が大騒ぎ。

はあ〜? 宝石? 鼻の中に?  

話をよく聞いてみると、鼻の中の入ったのは、おもちゃの宝石。

公園で拾ったものらしいです。

で、寝ころんでいたら、鼻の中に入ってしまった

というんですが、そんなことありえない。

鼻の中に入れて遊んでたんでしょうね。深く入れすぎて、取れなく

なったんだと思います。



鼻をかませたり、くしゃみさせたり、いろいろ試したんですが、

取れそうにない。無理にやるとケガすると困るので、

今日はもう寝なさい、と言ったんですが、

「気持ち悪い、がまんできない」と半泣きになったので、

夜間診療をやっている病院に連れていきました。



しかし、小学生男子は、アホなことしますなあw

そうそう、そういえば、妻の知り合いの子どもは、ダンゴムシを鼻に入れて

取れなくなったんだそうです。まあ、それよりマシかなw




nice!(2) 
共通テーマ:育児

(育児日記)夏休み、突入。まずは、セミ採り。 [育児日記(6歳〜)]

子どもが夏休みに入りました。といっても、
何かが変わるっていうわけではないのですが、
お母さんたちは、子どもの相手をしなければならないので、
たいへんなんでしょうね。

夏休みも、学校で、プールや図書室開放、
そして「イキイキ」があるのですが、
うちの子は、家で遊んでいたいみたいで
どれも乗り気ではないようですw


18〜20日の3連休。初日は家で過ごして、
次の日は、能楽堂のイベントへ。
小学生に能の世界を体験させようというイベントです。
話を聞いたり、絵を描いたり、舞台に上がったり、
そして、謡(うたい)のレッスン。
それなりに楽しそうだったので、「また行きたいか?」と
聞いてみると、「二度と行かん!」という答がw
まあでも、いい体験になったんじゃないかな。

P1050180.jpg


連休最後の月曜日は、午前中、
近くの公園でセミ採り。

P1050190c.jpg

ポーズだけは一人前なんですけどね。
採るのは私で、息子は見てるだけ、
私がセミをつかまえると、
「早くカゴに入れて!!」と叫んで、近づいてこない。
こわいというか、おしっこをかけられるのが、イヤなんだそうです。
なさけないなあ、男の子やろw

しばらくして、自分より幼い子たちが平気で
セミをとってるのをみて、これはアカンと思いはじめたのか
自分でやると、アミを持ちはじめました。

P1050195.jpg

採ったセミをカゴに入れるのは、できないようですが、
なんとかカゴを自分で持つように。
う〜ん、ちょっと進歩かw

で、採ったセミを見せに、おばあちゃんの家へ。
20日は、母の誕生日だったので、
「孫の笑顔」というプレゼントのお届けを兼ねて。

P1050185.jpg


午後からは、近所のイベント。
ちょっとしたショーや、スイカ割り(もどき)などの催し。

P1050200.jpg

蒸し暑いし、いろいろと外出したので、
私は、すごく疲れたんですが、息子は楽しかったようです。




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

憂歌団のベーシスト、花岡献治さん、心配な状況のようだ。 [音楽(木村充揮)]

憂歌団の復活ライブを見たとき、すごく気になったことがひとつ。

それは、ベースの花岡さんの激ヤセぶり。

もしかして、ご病気なのか? そのための再結成。

そんなふうに感じたのだ。

その後も、復活した憂歌団のライブが告知されることはなく、

あるのは、なぜか、花岡さん抜きのユニット、憂歌兄弟ばかり。

しかも、ドラムの新井田さんが加わることがあるのに、

花岡さんは、まったくなし。

これはやっぱり心配な状況なのか、と思っていたら、

フェイスブックのFBページ「内田勘太郎オフィシャル」に

久々に憂歌団が全員そろった写真がアップされていた。

チャリティーコンサート「生きる2015」でのライブ後の写真だ。

しかし、花岡さんは車いすに座っている。

あ〜、やっぱり、そういうことなのか…。

ネットで「生きる2015」を検索して、ライブレポを読んでみると、

花岡さんは付き添いの方と車椅子で舞台へ上がり、

ベースもほとんど弾けなかったらしい。

ご病気なら、どうか、快方に向かいますように…。



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

いくたまさんの夏祭り。 [日記]

7月12日は、大阪三大夏祭りのひとつ

生國魂神社の夏祭りへ。歩いて行ける距離なんですが、

行くのははじめてです。

で、うちの六歳児、何日も前から「お祭りだ!お祭りだ!」と

楽しみにしていたのですが、連れていってみると、

興味を示すのは出店だけ。景品目当てで、あれをやりたい、これをやりたい。

とグイグイ手を引っぱっていく。

P1050153.jpg

しょうがないので、

いくつかゲームをさせてあげて、

さあ行こうか、と境内に入ろうとすると、「イヤや!」と

動こうとしないw ほんと、困ったもんです、一年生って、

みんなこんな感じなんですかねえww

その後、説得して、なんとか中には入れました。

P1050145m.jpg


P1050151s.jpg










nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石田長生さん、二つのインタビュー記事。 [音楽(石田長生)]

今、ネット上で、石田長生さんの二つのインタビュー記事を

見ることができます。

こういうのは、ずっと読める状態で残していってほしいなあ。



IN1.jpg

ソーバッド再結成のときに、行われたインタビューのようです。
知る人ぞ知る「阪根楽器」のこととか、レアな話が聞けます。↓

『MUSIC×関西70's』MUSEUM VOICE



こちらは、2006年に行われたインタビュー。

ISIY 2.jpg

4年ぶりのアルバム『Ishiyan』リリース時のもの。
音楽を始めたきっかけ、プロレス、阪神タイガースなど
バラエティ豊かな内容です。

石田長生インタビューMUSICSHELF



タグ:石田長生
nice!(0) 
共通テーマ:音楽

石田長生さんへの追悼メッセージその2。 [音楽(石田長生)]

ネットでは、石田さんの死を惜しむ声が絶えません。
その音楽はもちろん、その人柄。こんなにもいろんなミュージシャンに
愛されていた人なんですね。一度では、集めきれないので、続けます。

鳴瀬喜博さん

バックスバニーが色々煮詰まった時に石やんの存在と
彼の作る曲に俺は、いやバックスバニーはどんなに助けられたか…
俺はとにかく好きだったわ、石やん。
彼の詩と曲、歌、ギター、そして普段の心地良い毒舌。
そして面白いバンドを次々と作ったね。
そうそう猪木プロレスの面白さも教わったんだわ。
楽しませてくれたんだなぁ~♪
石やんを嫌いな人は居ないな。
どうすりゃえーの、なぁ石やん…
皆んな困ってるぞ!
(公式ブログより引用)

ナルチョの俺にも言わせろ「信じたくないなあ」



野村義男さん

石や~ん(泣)うそだぁ~。本当にありえない。一回り上の辰年の石やん。
名前が長生きなのに(涙)いっぱいのギャグを教えてくれて、いっぱいの
カッティングで刺激してくれて、びっくりな速弾きを見せつけてくれて、
僕が解らないのにいっぱいパンクラスの話しをしてくれたり、
「今日は俺の事をマーガレットって呼んでな」とか、意味が解らない事を
言い出したり、Charちゃんと一緒にギタリストの何たるかを教えてくれた石やん。
本当に心の温かい男前でした。僕がそっちに行った時は、ギター教えてね。
石やん本当にありがとう。いっぱい愛してるよ。
(公式ブログより引用)

のむ山紀信写真館



小笠原義弘さん

悲しみが信じられない大きくて。
昨日、今日とお別れと感謝の気持ちを伝えに参りました。
わたしの大好きな石田さんがいました。
悲しかったなー。ほんまに。でも有山さんの弔辞で気持ちはすごく晴れました。
ほんまに感謝の気持ちしかなかったです。
石田さん、ありがとうございました。
また、あっちで逢えたらまたよろしくお願いします。
しばらくはゆっくりお休みください。
(公式ブログより引用)

Dancin' Funky Bass!!!「大阪」



難波弘之さん

nannba2.jpg
(公式ブログより引用)

Official Site 難波弘之



ichiroさん

ショックです。
三月に闘病のことはお聞きしていましたが、命までというお話ではありませんでした。
20年くらい前に、「『阿鹿』でもやりましょうか?」と、
割と本気で話していたんですけどね。
最後にお会いしたのは三年程前、マックさんのパーティーでしたけど、
ちゃんとお話できませんでした。
本当に残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
(公式ブログより)

Day by day/ichiro 石田さん。



寺岡信芳さん

石田さんに認めてもらい、はせがわかおりちゃんの
RECに参加させて貰ったのがつい昨日の様だ。リスペクトする
先輩ミュージシャンに認められるって事で
どんなに自信がついたか測り知れない。
REC中も終始親父ギャグを連発して場を和ませてくれた事が忘れられない。
まだまだ出来る歳で、本人が一番無念だと思う。
石田さんありがとうございました。
向こうでギター弾き倒して下さい。
(公式ブログより引用)

寺岡信芳オフィシャルウェブログ「石田さん!」



杉山清貴さん

杉山くんは何て呼ばれてるの?
まっすんや勘ちゃんはオスギって言います。
じゃあオレはスギやんって呼ぶわ。
何年前の会話だっけなあ・・・
美味しいお酒でした。
また会いたかったです。
(公式ブログより)


北京一さん

kita1.jpg
(フェイスブックより)


ロジャー高橋さん

ピクチャ RO1.jpg
(フェイスブックより)


原田喧太さん

HARA vv3.jpg
(フェイスブックより)


中川イサトさん

ピクチャNA 1.jpg
(フェイスブックより)


金森幸介さん

KANA 1.jpg
(フェイスブックより)


マック清水さん

simi1.jpg
(フェイスブックより)


ウルフルケイスケさん

URUHU 3.jpg
(フェイスブックより)


鮫島秀樹さん

SAME2.jpg
(フェイスブックより)


衣美ズクナシさん(ズクナシ)

zukunasi1.jpg
(フェイスブックより)


小坂淳平さん (ギタリスト)

ピクチャ ko1.jpg
(フェイスブックより)


わかぎえふさん (演出家・劇作家)

wakagi3.jpg
(フェイスブックより)


山内圭哉さん (俳優)

YAMAKEI1.jpg
(ツイッターより)


ゴンザレス三上さん(ゴンチチ)

GON.jpg
(ツイッターより)


チチ松村さん(ゴンチチ)

titi.jpg
(ツイッターより)


中川敬さん(ソウル・フラワー・ユニオン)

naka 1.jpg
naka2.jpg
naka4.jpg
(ツイッターより)


近藤達郎さん

KON 1.jpg
(ツイッターより)


藤井一彦さん (ギタリスト)

KAZU2.jpg
(ツイッターより)


横山健さん (ギタリスト)

yoko2.jpg
yoko4.jpg
yoko5.jpg
(ツイッターより)


ちわきまゆみさん

tiwa 2.jpg
(ツイッターより)


三上寛さん

mikami 1.jpg


カルメンマキさん

KALU X1.jpg
(ツイッターより)


小谷美紗子さん

KOTAS5.jpg
(ツイッターより)


久宝留理子さん

KUBOUS6.jpg
(ツイッターより)


はせがわかおりさん

HASE 3.jpg
公式ブログより

2015/7/13 ありがとう日記



有山じゅんじさん

石田、4ヶ月間、飲まず食わずの闘病生活、
たいへんやったな。お疲れさん。
長生きいう名前やのに、あっという間に逝ってしまって…。
昨年、藤井裕ちゃんの葬式で、石田が弔辞言って、
今度は俺がおまえの弔辞読むとは…。
寂しいからって、俺とか上田正樹とか正木五郎とかベーカーとか、
そっちへ呼ばんといてな。
でも、そっちの方が賑やかかな。島田和夫、裕ちゃん、ぞうさん、塩次伸ちゃん
それに砂川とか入れて、ほんでB.Bとかも呼んでバンドできるな。
石田と俺とは同級生、初めて会ったのは心斎橋のYAMAHAサロン、
17歳の時やった。俺の目の前で引いたのが「枯れ葉」。
石田すごいやんって言ったら、「俺、イチダちゃう、イシダやで」と
言い返しよった(笑)。
それから、石田の家にも、何回も行ったな。
(石田長生さん告別式、弔辞より)

※↑ある方のフェイスブックページの書き込みを引用、リライトさせて
いただきました。みんなが笑って、みんなが泣いた、有山さんらしい最高の
弔辞だったらしいです。弔辞の後、有山さんは、
おふたりの共作「同級生」を歌われたそうです。



Charさん

「石田長生にHappiness!!」
(7月19日、フリーコンサートより)

Charさんは、7月19日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催された
フリーコンサート「ROCK FREE」第二部で、石田長生さんの盟友、
山岸潤史さん、金子マリさんとともに、石田さんの代表曲「Happiness」や、
石田さんがCharさんのために作った「ニッポンChar,Char,Char」を演奏。
「Happiness」では、「石田長生にHappiness!!」コールを
会場にいるファンとともに12回も繰り返し、最後は両手を掲げて
天を見上げ、石田さんを追悼したそうです。
その後、山岸さんやマリさんに、「後で一緒に泣こうや」と語りかけた
という話も伝わってきています。




ファンとして、石田長生さんがいかに偉大なミュージシャンであるかを
伝えたくて、追悼文をまとめました。
そして、こうした方が、石田さんが空から読みやすいかな、
と思ってw
ミュージシャンのみさなま、勝手にスクリーンショット
とらせていただきました、すみません。


石田長生さんへの追悼メッセージ(その1)へ


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

石田長生さんへの追悼メッセージ。 [音楽(石田長生)]

大塚まさじさん

OTUKA450.jpg
(フェイスブックより)


山本恭司さん

YAMAc2.jpg
(フェイスブックより)


仲井戸麗市さん

CYABOn2.jpg
(フェイスブックより)


増田俊郎さん

MASU2.jpg
(フェイスブックより)


桑名晴子さん

HARUKH2.jpg
(フェイスブックより)


リクオさん

rikuo.jpg
(フェイスブックより)

自分は、これからも繰り返し石田さんのことを思い出し、
色んな場所で石田さんの話をし続けるだろう。自分だけでなく、
石田さんの音楽と人柄に触れたすべての人達の心の中から、
石田さんの存在が消えることは決してないと思う。
(公式ブログ/気まぐれダイアリーより)

気まぐれダイアリー「石田長生さんのこと」



キムウリョンさん

uryon2.jpg
(フェイスブックより)


梅津和時さん

UMEZUU2.jpg
(フェイスブックより)


山口隆さん(サンボマスター)

SANBO3.jpg
(ツイッターより)


kenken(金子 賢輔)さん

ken2.jpg
(ツイッターより)


渡辺香津美さん

kazu ss2.jpg
(ツイッターより)


島田昌典さん

simada3.jpg
(ツイッターより)


大西ゆかりさん

OHNISI1.jpg
(ツイッターより)


上田正樹さん

「7月7日は僕の誕生日で、石田はそれを待って8日早朝に逝った気がします。
石田とは彼が龍谷大の1年からの付き合い。40年来の友人です。今年2月に
大阪で一緒にライブをやったのが最後。3月にもまたライブをやろうと言って
いたのに、実現しないままになって、寂しい限りです」
日刊ゲンダイ)記事より


三宅伸治さん

ゆっくり、休んでください。
ありがとうございました、石田さん。
また…
(公式ブログより、最後の部分。)

三宅伸治公式ブログ「石田さん」



二井原実さん

一度で良いから、あなたと一緒にステージがしたかった。涙
高校時代に観たあなたのコンサートは僕の原点でした。
沢山の素敵なコンサートをありがとうございました。
(公式ブログより)

MINORU NIIHARA "ROCK ME BABY!!!" 「あかん(号泣)」



鈴木みのるさん(プロレスラー)

ありがとう。。。
またね。。。
(公式ブログより)

鈴木みのるオフィシャルブログ「いつまでも…」



金子マリさん

石田さんの闘病の様子が綴られています↓

金子マリの心浄土な日々





「That Lucky Old Sun」
河を渡り 御心の胸で この悩みを解き放ち
俺も一日中ゴロンゴロンとやってみたいんだ

上の方からじゃ見えないのかな? 
俺の涙なんて
連れてっとくれよ 銀の雲に乗せ
永遠の楽園へ

石田長生 with 鳴瀬喜博 「That Lucky Old Sun」(YOU TUBE)


石田長生さんへの追悼メッセージその2へ



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

追悼 石田長生、歌うことにこだわり続けたギタリスト。 [音楽(石田長生)]

石田長生さんのギターの音色は、情感的、まるで歌ってるかのようだった。
そして、自分の声で歌うことにもこだわり続けたギタリストだった。
ソーバッドレビューでも歌った。ボイス&リズムでも歌った。
しかし、バンドではあくまでもギタリスト。歌うのは、
ライブでは、1〜2曲。アルバムでもそうだった。
石田さんが、ソロ活動をはじめたのは、歌うことへの
こだわりだったんじゃないかと思う。

石田さんのつくった楽曲は、個性的だ。特に歌詞。
個人的に、好きだったのは、洋楽のカバー曲。
さまざまなミュージシャンの名曲を、
わかりやすい日本語に変えて、心に届けてくれた。


肌の色が違ったり 別の言葉でしゃべっても
君を遠くに感じない この空の下で
「IKO IKO」


そろそろツアーは終わりに近づく
俺のバッグは重くなるばかり
あの娘の胸に 早く帰りたい
休みの国から 遠く離れて
「THE WEIGHT」


ふさぎ込んでた夜もユーモアで
明るく照らす時 あの娘は満月
この悩みさえも すべて持ち去って
傷む心さえ あの娘に奪われ
「CRAZY LOVE」


負けることだってあるさ
どんな強がりなヤツにでも
もうダメだって言う前に
won’t you please please help yourself
「HELP」


悲しむために生きてるんじゃない
痛がるために生まれたんじゃない
今夜君の笑顔を見たいよ
紫の雨が降る夜だから
「PURPLE RAIN」


石田さんは、手術せずに抗がん剤と放射線による
治療を続けたらしい。結果として、そうなったのか、
選択だったのかはわからないが、
声を守りたかったんじゃないかな。R.I.P石田長生


ISI7.jpg
2015.7.9 ディリースポーツ関西版




aIMG_0002T.jpg
2015.7.9 ディリースポーツ関西版




タグ:石田長生
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽