So-net無料ブログ作成
検索選択

グレン・フライ追悼ライブ@Grammy Awards2016 [音楽(ジャクソン・ブラウン)]

きょう、第58回グラミー賞授賞式がWOWOWで生中継されて

いたので、事務所で見ていた。毎回、めったに見られない

豪華共演のパフォーマンスが繰り広げられることで知られているが、

今回は追悼ライブの連続だった。

モーリスホワイト、B.Bキング、デヴィッド・ボウイ。

そして、イーグルスのグレン・フライ。

追悼ライブでは、ジャクソンブラウンがイーグルスとともに

「Take It Easy」を演奏した。

IMG_0403.jpg

IMG_0397.jpg

IMG_0407.jpg

ジャクソン・ブラウン、ドン・ヘンリー、ジョー・ウォルシュ、

ティモシー・B・シュミット、そして、サポートミュージシャンの

スチュアート・スミス。もうひとりのギタリストは、Bernie Leadonかな?

IMG_0405.jpg

う〜ん、泣けるなあ。メンバーは笑顔なし、沈痛な面持ちで

演奏していた。突然のことだったのかなあ。

ドン・フェルダーの姿は、なし…。和解してほしかった。

IMG_0410.jpg

IMG_0413.jpg


The Eagles at the 58th Annual Grammy Awards


Eagles pay tribute to Glenn Frey at 2016 Grammy Awards






nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(育児日記)クッキング体験! [育児日記(7歳〜)]

子どものクッキング関係のイベント、いままでにも

いろいろあったんですが、うちの子はアレルギーなんで、

難しいんですよね。ダメな食材に触れただけで、

アナフィラキシーをおこす可能性があるんで。

で、やっと、そういう子ども対象のイベントを見つけたので

参加させてあげました。

IMG_0381S.jpg

IMG_0370S.jpg

「やけどしないかなあ」とか、「包丁で指を切らないかなあ」とか、

見てる方はヒヤヒヤでしたが、本人はいろんなことができるようになって、

すごくうれしかったみたいです。次の日は、さっそくいろんなことを

お手伝い。洗い物も「オレがやりたい!」と、ぜんぶ

やってくれましたw

子どものクッキング体験はすごくいい、と聞いてましたが、

ほんとうですね。おすすめです。



nice!(0) 
共通テーマ:育児

新春!南吠える2016 木村充揮、金子マリ、三宅伸治LIVE! [音楽(木村充揮)]

新年の1/3.4.5の3日間、大阪ミナミのビッグキャットで開催されている
「新春南吠える」。もうずいぶん前から行ってますが、今年で何回目に
なるんでしょう。確か、当初は憂歌団の木村充揮さんが3日間出ずっぱりで、
日替わりゲストが出てくる、というパターンだったと思います。
このイベントの名物ともいえるのが
平成トリオ(有山じゅんじ、石田長生、木村充揮)。まさにこのイベント限定の
ユニットでしたね。南吠えるの初日は、必ず平成トリオ、
そんなパターンが出来上がっていました。
その中心メンバーである、石田長生さんが昨年、この世を去りました。
そして、有山じゅんじさんもガンが見つかり休養。
そんな状況で迎えた今年の「南吠える」でしたが、さすがに影響が出たのか、
一日少なくなって、1/3.4の二日間。しかも両日とも同メンバー。
正直、寂しさを感じました。
時の流れというか、そろそろなのかなあ、と。

IMG_0324R.jpg

で、当日、あまり期待してなかったんですよね。
大好きな3人のメンバーの共演なんですが、石田さん、有山さん不在の
寂しさの方が勝ってしまって。
内容は、3人がそろって出て、それぞれのパートがあって、また共演、
そんな内容なのかな、って。

IMG_0325F.jpg


新春!南吠える2016
木村充揮、金子マリ、三宅伸治
(2014 1.4)大阪ビッグキャット

予想通り、3人そろって登場。
リードボーカルは三宅伸治さん、お正月をテーマにした曲。
「?」
続いては木村さんがリード。有山さんもよく歌う曲、
平成トリオのレパートリーでもありますね。
「陽よ昇れ(Let's it Shine On)」
そして、マリさん。大塚まさじさんの曲
「うた」。意外な選曲でした。この曲大塚さんの
ライブアルバムでお二人で歌ってますね。
そして、ここで耳慣れたイントロが…。
ちょっと泣きそうです。石田長生さんのレパートリー
「Boat Club Road」
こういう展開は、予想してなかったんです。石田さんについての
コメントはあるだろうけど、曲をやるとは思わなかった。
ボーカルは三宅さん。

ここから、それぞれのパート。まずは、三宅さん。
手にしたのは、なんと石田長生さんのテレキャスター。
「昨日もそうでしたが、きょうは石田さんの曲をいっぱい
やります」とのコメント。そういう展開のライブなんですね。
曲は、石田長生さん作、ソーバッドレビューの名曲「青洟小僧」

演奏の後、「きょうは、ものすごくうれしい日なんですよ。
なんか、胸いっぱいです」と三宅さん。
それを聞いて、ひょっとしてっと思ったんですけど…。
で、曲は、有山さんの「あした元気になれ」
ん?やっぱりなの?って感じで。

続いて金子マリコーナー。三宅さんは、ギターを弾くために残ります。
一曲目は、これも意外な選曲「恩赦」。忌野清志郎さんのナンバーです。
ここで、はせがわかおりさんと本夛マキさんが組んだカバーユニット・
ヨモギ登場。曲は、またまた忌野清志郎さんのナンバー「セラピー」
渋い選曲ですね。「セラピー」は、マリさんが清志郎さんに依頼して
書いてもらった曲なんだそうです。結局マリさんは、発表できなくて
清志郎さんが自分のユニットHISでリリースした曲ですね。
偶然かもしれないけど、この二曲。矢野顕子さんが、「忌野清志郎を歌う」でカバーしている曲。プロ好みの曲ってことかな。
続いては、ソロアルバム「金子な理由」収録の「風を追いかけて」
そして、マリさんも歌いました、石田長生ナンバー
「マザーズソング」。途中、マリさんが歌詞を間違えそうになりましたが、
はせがわかおりさんが、サッとフォロー。ちゃんと覚えてるんですね。
そういえば、はせがわさんのソロアルバムは、石田長生プロデュース。

ここで、木村充揮さん登場。
マリさんは残って二人での演奏。
「あたしの彼氏」
「ラリル」 
「ラリル」はマリさんのソロアルバムに収録されていますが、
木村さんとの共作だったんですね。気づきませんでした。いい曲だ。

木村さんのソロコーナーです。
なんか短いインストルメンタルナンバー、
即興なのかもしれません。ギターがめちゃくちゃうまい。
クレイジードッグスのナンバー「今日もヨロシク」
「いい感じ」と続きます。

「天王寺」の途中で、なんと大西ユカリさん登場!
前日も登場したようです。
なんで来てんやろね、といいながら、ここからユカリさんパート。
「まぼろしのブルース」
「肉と肉」

ここで、ユカリさんも歌います、石田長生ナンバー。
「アンコール」。石田さんもレコーディングしてる曲ですが、
ユカリさんのために書いた曲のようです。
ユカリさんバージョン、はじめて聴きました。
ゆかりさんもちょっとウルウル。

木村さんが再び登場、曲は「嫌んなった」

そして、出演者全員が揃います。ここからの選曲には
やられました。石やん追悼ライブですね。
ファンなら、間違いなく泣きます。
「Brothers & Sisters」
「ねえ神様」の最後で、天に向かって
「聴こえてますか〜〜」
ラストは「HAPPINESS」
「オーライおおさかエブリバディ、調子はどうだい〜」という
石やんおなじみのパートは、はせがわかおりさん。
石やんの言葉を完璧にコピーしてました。

そして、アンコール。三宅さんのあの言葉の意味がわかりました。
会場に、どよめきがおこって、有山じゅんじさん登場。
いや〜良かった、良かった。この日、撮影は禁止されていたんですが、
興奮して、バシバシ撮ってしまいました、すみません。

IMG_0327B.jpg

IMG_0328C.jpg

有山さんの第一声は「もう、やりたあて、やりたあてw」。
復活後の一曲目は「抱きしめよう」、続いては
「梅田からナンバまで」。声も出てましたし、大丈夫そうです。

IMG_0334G.jpg

最後は、あの曲ですね。石田さんの訳詞でおなじみの
THE BANDの曲「The Weight」
終演後。会場には石田長生さんの「That Lucky Old Song」が
流されました。ビッグキャットも石田さん追悼ということですね。

石田さんの功績を讃え、有山さんの復帰を祝った、今回の「南吠える」。
なんというか、ゲストも多数で、まったく予想しなかった展開でした。
うまく言葉にできませんが、すごいなあ、と思います。
石田さんと有山さんが、出演者みんなに愛されている、
というのが伝わってきました。



新春!南吠える2016
木村充揮、金子マリ、三宅伸治 LIVE
(2016 1.4 大阪ビッグキャット)セットリスト

木村充揮、金子マリ、三宅伸治
01 お正月?
02 陽よ昇れ(Let's it Shine On)
03 うた
04 Boat Club Road

三宅伸治
05 青洟小僧
06 あした元気になれ

金子マリ、三宅伸治
07 恩赦

金子マリ、三宅伸治、ヨモギ(はせがわかおり、本夛マキ)
08 セラピー
09 風を追いかけて
10 マザーズソング

木村充揮、金子マリ
11 あたしの彼氏
12 ラリル

木村充揮
13 今日もヨロシク
14 いい感じ

木村充揮、大西ユカリ
15 天王寺

大西ユカリ、元岡衛
16 まぼろしのブルース
17 肉と肉

大西ユカリ、三宅伸治、本夛マキ、元岡衛
18 アンコール

木村充揮、大西ユカリ、三宅伸治、元岡衛
19 嫌んなった

木村充揮、金子マリ、三宅伸治、大西ユカリ、ヨモギ、元岡衛
20 Brothers & Sisters
21 ねえ神様
22 HAPPINESS

アンコール
有山じゅんじ、木村充揮、金子マリ、三宅伸治、大西ユカリ、ヨモギ、元岡衛
23 抱きしめよう
24 梅田からナンバまで
25 The Weight




木村くんと有山くん

木村くんと有山くん

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UK.PROJECT
  • 発売日: 1998/11/11
  • メディア: CD



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽