So-net無料ブログ作成
音楽の話(邦楽) ブログトップ
前の10件 | -

萩原健一/50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE 2017なんばハッチ。 [音楽の話(邦楽)]

今年5月にビルボードで行われた、萩原健一「LAST DANCE」の
生中継をテレビで見た。全盛期のパワフルさは感じられないものの、
新しい何かがそこにあった。再び音楽に取り組もうというショーケンの
熱意みたいなものを感じたし、もう一度そのパフォーマンスを生で
見てもいいかなと思った。詳しくは、前回書いたので省略するが、
もう一度ミュージシャンとしてのショーケンを追いかけるか否かを
確かめに、10月3日大阪ミナミのライブスポット、なんばハッチへ出かけた。

IMG_2302m.jpg

萩原健一 50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE last dance VOL2
2017 10/3 大阪ミナミ・なんばハッチ

会場につくと、予想通り、かなり年くった男がいっぱい。
ショーケンのファンは昔から、男性が多かったがそれは今も変わらないらしい。
男が惚れる、憧れ的存在。要するに、男がマネしたくなるかっこいい男なのだ。
開演前から会場の熱気はすごく、「ショーケ〜ン!ハギワラ〜!」など
男の叫び声が会場にこだまする。この年齢層をこれだけエキサイトさせるのは
すごい。

場内暗転とともに、手拍子と叫び声。
私は2階席だったのだが、1階を見るとほぼ総立ち。
もうすでに、異様なぐらいの盛り上がりだ。
バンドの後ショーケン登場。
オープニングは、「ショーケントレイン」。
「ぐでんぐでん」と続く。
2003年のライブビデオを見て
ファルセットを多用するのが気になっていたが、この日も多い。
「ぐでんぐでん」は裏返さずに、地声でも歌えるのではないかと感じた。
続いて「アイショットザシェリフ」のイントロから「ドントユーノウ」。
開演前にボブマーリーの曲が流れていたので、
「アイショットザシェリフ」が好きなのかもしれない。
そしておなじみの「ラストダンスは私に」。
昔は、「葉っぱ」や「麻薬」などの言葉で歌っていた部分を
「お酒」に変えていた。

この後、はじめてショーケンがしゃべった。
NHKから仕事をもらったこと。その出演のため、頭を剃ったことなど。
そして「ホワイト&ブルー」。セットリストは、おそらく全公演共通なんだろうが、
アップテンポ中心で、ロックアレンジ。がんがん攻めてくる感じだ。
ここで一転してスローな曲「大阪で生まれた女」「エメラルドの伝説」と
続いたのだが、「エメラルドの伝説」ではかなり音程がふらついていた。
もともと、この揺れる不安定さもショーケンの歌の魅力だろうし、
ロックっぽさだと思うのだが、この曲でははずれ過ぎかな。う〜ん、
どうしたんだろう。リハ不足なのかな?
そして「ハローマイジェラシー」。曲の最後に「イマジン」のフレーズが
出てくるという往年のパターン。古村敏比古さんのサックスソロが冴える。
スローおよびミディアムテンポの曲が続く「シャ・ラ・ラ」

ここから再びアップテンポのナンバーが続く。
「Ah! Ha!」「どうしようもないよ」「テンダーナイト」。
終演に向かって突き進んでいく感じだ。
ラストは、テンプターズナンバー「神様お願いだ」。
アンコールは、「サンキューマイディアフレンズ」「さよなら」。
約1時間半のライブだった。

IMG_2309.jpg

IMG_2311m.jpg

感想としては、ひと言、「かっこよかった」w
67歳で、このパフォーマンス。声も思ったより出ていたし、
上出来なのではないだろうか。まだまだロックを歌えるような気がする。
気になるのは、ショーケンのトレードマークでもあるファルセット。
か細い感じではなくしっかりとシャウトしてるのだが、
曲の途中で急に声が裏返るのは違和感を覚える。
サビの部分だけファルセットで歌うとか、意図的にそうしているのなら
いいのだが…。
この日のセットリストでは、「どうしようもないよ」が特に良かった。
ファルセットと地声の切り替えが見事に決まっていたように思う。

う〜ん、またショーケンの音楽を聴いてみようか。
新曲を録音したり、ライブを継続してくれるならの話だがw

IMG_2306m.jpg



セットリスト

●ショーケントレイン
●ぐでんぐでん
●PM10時すぎ会いたくて(DONT YOU KNOW)
●ラストダンスは私に
●WHITE&BLUE
●大阪で生まれた女
●エメラルドの伝説 
●ハローマイジェラシー 
●シャ・ラ・ラ
●Ah! Ha!
●どうしようもないよ
●テンダーナイト
●神様お願いだ
アンコール
●サンキューマイディアフレンズ
●さよなら

ショーケンバンドのメンバーについては
今の時点でよくわからないのだが、
著名なミュージシャンが二人含まれていた。
一人はギターの柳沢二三男さん。Puffyや矢沢永吉のツアーを
支えるギターリスト。
もう一人は、サックスの古村敏比古さん。
織田哲郎、浜田省吾のライブバンドで活躍していた人で
金子マリ&バックスバニーのサポートもやっていたように思う。
バンマスは、キーボードの橋本しんさん。





Last Dance

Last Dance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: IVY Records
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: CD



ANGEL or DEVIL

ANGEL or DEVIL

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MW RECORDS
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: CD



nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ミュージシャン・ショーケン(萩原健一)完全復活なるか? [音楽の話(邦楽)]

ショーケンこと萩原健一さん。
80年代のはじめ、私が一番はまっていた日本のミュージシャンだ。
柳ジョージ&レイニーウッドをバックに従えた「熱狂雷舞」
それに続く「Don Juan LIVE」という2枚のライブを聴きまくっていた。
ものすごく歌のうまいヴォーカリストだとは感じなかったが、
その歌声はロックそのもの、その熱気、その迫力に圧倒された。
もちろんコンサートにも何度も足を運んだ。サウンドはもちろん、
ロックパフォーマーとしての視覚的なパフォーマンスも圧巻だった。
特に印象に残ってるのが、大阪城野外音楽堂でのライブ。
「スプリングカーニバル・シャンティシャンティライブ」という
タイトルだったように思う。石田長生さん率いるボイス&リズムがトップ、
続いて憂歌団、最後にショーケンが出て来るというすごい
組み合わせのライブだ。3組とも大好きなバンドだが、そのときの
パフォーマンスはショーケンがだんとつ。まさに神懸かり的なライブだった。
ミュージシャンとしてのショーケンの最盛期はわずか4年、
79年から83年の間だ。83年に事件を起こし逮捕され1年間活動を完全停止。
その後復帰し音楽活動を再開したものの、何度もトラブルを起こし
音楽の世界からは完全に消えてしまった。
あのパフォーマンスは、日本で唯一無二のものだと感じていたので、
とても残念に思ったものだ。

あのショーケンが、復活ライブをやる。そんなうれしいニュースが
伝わって来たのが2003年。これは絶対に見ないとダメだと感じて
発売当日にチケットを入手しようとしたのだが、すぐにソールドアウト。
泣く泣くその後発売されたライブビデオで復活の感激を味わおうとした。
ところがところが、そのビデオを再生してびっくり。
あの最盛期のショーケンのパフォーマンスの面影すら感じないひどい出来。
声がまったく出ていないし、ロックヴォーカルじゃない。
このビデオのアマゾン評では賛否両論あるようだが、これはもうダメ。
パッケージ化するような内容ではないし、なによりこんなライブを
開催したらダメだと感じた。ショーケンといえばトレードマークは、
あの独特のファルセット。
昔はロックを感じさせる力強いものだったが、このときのファルセットは、
ただ声が裏返ってるだけという印象。ファンとして悲しかった。
一度しか見てないので、記憶が確かではないのだが、トークもメンバー紹介も、
ファルセットでやっていたように思う。なんで、裏声でしゃべったんだろう?
このビデオを見終わった後、ミュージシャンとしてのショーケンを
追いかけることは二度とないと思った。俳優としても好きだったので、
そちらは別だが。

今年の5月、あるコマーシャルを偶然目にした。
「萩原健一4年ぶりのワンマン「Last Dance」生中継が決定」というものだ。
私の中では、ショーケンの音楽は完全に終わっているので、
2003年の時のような感激はなかった。その後も音楽を続けていたということは
まったく知らなかったし、そんなに興味もなかったのだが、テレビで放送するなら
見てもいいか…。
そんな感じで見たフジテレビNEXTでの生中継ビルボードライブ。

う〜ん…
ほう…
なかなかいいじゃないか。
もちろん最盛期のあの圧倒するような
パフォーマンスではないが、年齢を考慮すれば
まずまずの出来。予想よりはずっと良かった。
年を重ねることによって、いろんなものが
失われるが、得るものもたくさんある。
その得たものが、このライブで発揮されてるように思えた。

というわけで、久々にショーケンライブのチケットを入手した。
Hagiwara 50th Anniversary Premium Live ~Last Dance~ Vol.2
10月に見にいく予定だ。何年ぶりだ?25年?
ショーケン復活を確かめる、というより
自分の中でのショーケンのファン復活なるかを確かめに。




Last Dance

Last Dance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: IVY Records
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: CD



熱狂・雷舞(SHMCD)

熱狂・雷舞(SHMCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD



DONJUAN LIVE(SHMCD)

DONJUAN LIVE(SHMCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD



タグ:萩原健一
nice!(2) 
共通テーマ:音楽

加川良さんが旅立たれました。 [音楽の話(邦楽)]

加川良さんが亡くなられた、というニュースを聞いた。

闘病中だとは聞いていたが、

まさかそんなに重い病だったとは。白血病だったそうだ。



加川さんといえば、はるいち(祝春一番)の顔だったよなあ。

圧倒的な存在感だった。ますますさみしくなるなあ、はるいちも。



フェイスブックに掲載されていた、

息子さん・小斎元希さんのコメントが泣けた。病院で

ずっとお父さんと一緒に過ごしていたみたいだ。

息子さんもミュージシャンで、いまやはるいちの常連。

父に代わって、あのイベントを支えていくんだろうな。



大ファンというわけでもなかったが、好きなミュージシャンの一人だった。

ロックな歌詞に心を何度も揺さぶられた。

いい歌をたくさん、ありがとうございます。おつかれさまでした。



↓私が持ってる唯一のアルバム。まさに大人のROCK。きょうは一日、これを聴く。


R.O.C.K.

R.O.C.K.

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UK.PROJECT
  • 発売日: 1996/11/21
  • メディア: CD





nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

演歌歌手のバンドがすごすぎる!! [音楽の話(邦楽)]

Drums:渡嘉敷祐一
Guitar:三好“3吉”功郎
Piano:青柳誠
Bass:バカボン鈴木
Keyboards:園田涼


Keyboards:伊東ミキオ

Guitar:藤井一彦(THE GROOVERS)

Bass:中條卓(シアターブルック)

Drums:サンコンJr.(ウルフルズ)

Sax:梅津和時


Drums:佐野康夫、永田充康
Drums&Percussions:仙波清彦
Bass:清水 興
Bass & Flat Mandolin:バカボン鈴木
Guitar:山岸潤史、三好“3吉”功郎
Keyboards:久米大作

いちばん上が八代亜紀さんのアルバム『哀歌-aiuta-』の
レコーディングメンバー、
その下がツアーメンバー
三番目が香西かおりさんのアルバム「うたびと ~Stage Singer~」の
レコーディングメンバーです。
なんというか、ため息の出るようなメンツですねえ。


八代亜紀「Give You What You Want」(LIVE) youtube


香西かおりアルバム『うたびと~Stage Singer』レコーディング youtube



哀歌-aiuta-

哀歌-aiuta-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD





うたびと ~Stage Singer~

うたびと ~Stage Singer~

  • アーティスト: 原真紀,Inez James Walden,山崎ハコ,象狂象,市川睦月,バッド・グリーン,安井かずみ,水木かおる,久米大作,レーモンド松屋
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/12/09
  • メディア: CD





もともと演歌の人って、歌うまいですからねえ。
ブルースやロック、ジャズをやれば、こうなるんですよね。

新春ミナミ吠えるで見た香西かおりさんは、すごかった。
そういえば、忌野清志郎さんが
坂本冬美さんと組んでいたユニットHISも良かったよな〜。




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ズクナシ/SING シング。 [音楽の話(邦楽)]

ロッキン・ソウル歌謡グループ。
amazonで、そう紹介されている女性4人組バンド「ズクナシ」。
(現在は、一人脱退し、3人組らしい)
上田正樹さんや有山じゅんじさん、近藤房之助さん、
キムウリョンさんたちと共演しているということで
ずっと注目していたバンド。
サウンドは、ひとことで言えば、60~70年代のソウル。
なつかしい音、メロディがあふれている。
そのサウンドを聴いて、思い浮かんだのが、大西ゆかりさん。
イメージがかぶってソンするんじゃないかな、なんて
思ったのだが、なんと大西さんとジョイントライブをやってるようだ。
なるほど、そういうのもありなんだなあ。

「SING」は、彼女たちの3枚目のアルバム。
ほぼ一発録りらしく、ライブ感あふれる
パワフルなナンバーがそろっている。
一曲目は、heat wave、次の曲はGimme Some Lovinを連想させる。
アルバムを通して聴いていると、
ジャンルはぜんぜん違うんだけど、「誰カバ」を連想したりする。
あの熱気を再現できそうなバンドだ。ライブを一度体験したい。


ZUKUNASI 2013 "ONEMAN SHOW" LIVE DVD DIGEST




シング

シング

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2013/07/17
  • メディア: CD



タグ:ズクナシ
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シーナ&ロケッツの思い出。 [音楽の話(邦楽)]

と言っても、アルバムは一枚も持ってないし、
ライブを見に行ったこともない。
記憶にあるのは、テレビで見たライブ映像のみ。
でも、かっこいいバンドだったなあ、という印象は残っている。

生のライブは見たことないのだが、
一度だけご夫婦の生の姿は見た事がある。
場所は、東京のとある喫茶店。
友人とふたりで話をしてると、近くの席にカップルが
すわった。なんか、いい感じの人たちだなと思って
顔を見ると、鮎川誠さんとシーナさんだった。
二人は静かにコーヒーを飲んでいて、30分ぐらいで出ていった。
その間、二人はひと言もしゃべらず。
ひと言、ふた事、しゃべってもいいじゃないですか、
でもほんと、二人とも黙ってコーヒーを飲んでるだけ。
出るときも、
アイコンタクトだったんじゃないかなあw
その雰囲気というか、二人の空気感が、すごくかっこよくって、
そのことを友人と語り合った記憶がある。
あれは、ひとつのポーズだったのか、素の姿だったのか。
まあどっちでもいいよね。それに、あの二人が
ベラベラ家族の話とか世間話とかしてたら、なんかヤだなあ。
今晩のおかずはどうする?とか。

シーナ(鮎川悦子)さん、どうか安らかに。

HONKY TONK WOMEN 上田正樹 シーナ&ザ・ロケッツ

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

もうひとつの「涙の御堂筋パレード」。R.I.P 桑名正博さん。 [音楽の話(邦楽)]

1959年、10月31日。大阪御堂筋で、プロ野球・南海ホークスの
優勝パレードが行われた。「涙の御堂筋パレード」と呼ばれ、
プロ野球ファンに語り継がれてきた逸話だ。
あれから、約50年。一日違いで、きょう、午後2時半から、
桑名正博さんの御堂筋パレード葬が行われる。

脳幹出血で倒れてから、104日間、桑名さんは戦い続けた。
ご本人もそうだろうが、ご家族はたいへんだったと思う。
心労、そして経済的負担。奥さんと息子さんは意見が違っていたようだし、
まさに苦悩の日々だったのではないか。
亡き父のこと、娘のことを思いながら、そう感じた。

著名人は、ファンの期待、希望というものを抱えている。
それは、家族にものしかかる。私自身、フェイスブックやツイッターで、
「桑名さん、がんばれ」なんて、気軽に書いてたけど、
無責任な言葉だよな、と今、ふりかえるとそう思う。
桑名さん、ご家族のみなさま、おつかれさまでした。

R.I.P 桑名正博さん。


桑名さんの人柄を物語る、逸話が朝日新聞に掲載されていた。

 車いすバスケットボールに関心を向けたのは約15年前。自ら
 ネットで仲間を募り「ネットライダーズ」を結成。全国大会を
 10年間開催した。 
 不登校の子が音楽活動をしながら高校の卒業資格が取れる
 大阪自由学院を設立し、自ら理事長に就いた。
                     (10/27 朝日新聞より引用)


アルバムで、一番好きなのは、FOR PARADISEだ。
地味なアルバムだし、そんなに話題にもならなかったが、
だんとつで好きだ。
曲では「ねがえり」。一度、ライブで聴いてみたかった。



For Paradise

For Paradise

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 1996/08/20
  • メディア: CD




GOLDEN☆BEST桑名正博-MASAYAN 40Years-

GOLDEN☆BEST桑名正博-MASAYAN 40Years-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2012/11/14
  • メディア: CD




桑名正博35周年BEST「Masahiro Kuwana Tracks on」

桑名正博35周年BEST「Masahiro Kuwana Tracks on」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD




P1020177-480.jpg

P1020178-480.jpg


タグ:桑名正博
nice!(4) 
共通テーマ:音楽

R.I.P.島田和夫さん。 [音楽の話(邦楽)]

憂歌団のドラマー、島田和夫さんが
亡くなられたようです。詳細はわかりませんが、
自宅前で倒れていたとか。
今後のスケジュールもぎっしりと詰まっていたようなので、
急な事だったんじゃないでしょうか。

先日、くいだおれで行われた有山じゅんじさんのライブ。
憂歌団の木村充揮さんと内田勘太郎さんがゲストでしたが、
ふたりのイキというか間がすごく良かったので、
今度こそ、憂歌団再始動か、とひそかに期待していたので、
本当に残念です。
ありきたりな言葉ですが、憂歌団の音楽は青春の一ページでした。
島田さん、ありがとう。

写真は、今年の祝春一番コンサート。
歌屋BOOTEEと共演する島田和夫さんです。


P1020270.jpg



タグ:憂歌団
nice!(4) 
共通テーマ:音楽

ハンバートハンバート。おじさんも、大プッシュ! [音楽の話(邦楽)]

いつ頃からだろうか、はっきりとは覚えてないけど、ある時期から、
急に、新しいものを取り入れるのが、おっくうになってきた。
小説や映画は、それほどでもないんだけど、音楽はそう。
昔は、音楽雑誌やFMで、情報を入手するやいなや
どんどん聴いていたんだけど。
洋楽は、ベンハーパーやジャックジョンソンあたりで
ストップしているし、邦楽なんて、う〜ん……覚えてない。
一番若いミュージシャンって誰だろう?

これは、キャパの問題もあるわけで。
いままで聴いてたミュージシャンを追いかけていくだけでも
たいへん。経済的にも、そして時間の余裕もない。
だから、よっぽどじゃないと、
いいな、と思っても、CDなんて買わなない。
聴かなかったことにするw

でも、久々に、その「よっぽど」が現れた。
ハンバートハンバートという男女二人組のデュオだ。
初めて見たのは、昨年の祝春一番コンサート(参考)。
そのときは、いい音、そしていい言葉だなあ〜と思いながら
聴いていたんだけど、
もしかしたら、はまるかも、な〜んて予感もあったので
聴かなかったことにしたww

で、今年のハルイチ、またまた彼らと出会った。(参考
一年ぶりに聴いた、二人の声、メロディ、言葉、
あ〜やっぱりいいな〜なんて感じて、
ついに会場でCDを買ってしまった。

「シングルコレクション 2002-2008」。
51mr0D-5GiL._SL500_AA300_.jpg

その名の通り、シングル曲を集めた2枚組。
ベストアルバムということになるのだろうけど、
売れ線狙いのヒット曲を集めた俗にいうベスト盤とは、違う。
デモトラックや、未発表曲を数多く収録した
「アルバムで聴けなかった曲コレクション」ともいえるアルバムだ。
アルバムは、グイ〜〜〜ンというエレキギターのイントロで
はじまる。ボブ・ディランのカバー「Blowin' in the wind」。
彼らがただものではない証だ。
西岡恭蔵「春一番」「プカプカ」、
高田渡「生活の柄」「ブラザー軒」のカバーを含む、全33曲、
収録時間2時間強という大作。

サウンドは、アコースティックでシンプル。
フォーク、カントリー、アイリッシュを融合させ、
童謡のフレーバーを加えたような音。
こういうサウンドを出せるバンドが
日本にはなかったように思うのだが、どうなんだろう?
せつなくて、ちょっぴり毒のある歌詞、
そして二人のボーカルも大きな魅力だ。

ハンバートハンバート@祝春一番コンサート(you tube)

シングルコレクションCM(you tube)



この2枚組アルバムにすっかりはまってしまって、
続けて買ったのが、最新作「さすらい記」。
61M8not7dpL._SL500_AA300_.jpg

「シングルコレクション」に収められている音より、
かなり洗練された印象。
売れるんじゃないかな〜(ていうか、売れてる?)と感じた。
おそらく、ハンバートの音は、昔から聴いてきた
ファンにとっては、宝物のようなものなんじゃないかな。
あまりメジャーになりすぎると困るんだろうな。

ちなみに、このデュオ(佐藤良成・佐野遊穂)は夫婦。
今年の祝春一番で、子どもを抱っこして、うろうろしていた。
10358275_1116560989_34.jpg

ハンバートハンバート「待ち合わせ」(you tube)




シングルコレクション 2002-2008

シングルコレクション 2002-2008

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミディ
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD



さすらい記(初回限定盤)(DVD付)

さすらい記(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: CD




今年の祝春一番では、山下洋輔さんと共演。このイベントのMCを
つとめていた故・阿部登さんの歌を歌っていたが、
阿部さんにもとてもかわいがってもらっていたようだ。
プロデューサーの福岡風太さんは、二人の登場時に
「おれの子どもたちを紹介します」なんて言っていたし、
彼らのそのサウンドは、おじさんキラー、おばさんキラーでもある。





nice!(3) 
共通テーマ:音楽

レイジー・ヒップ唯一のアルバム、奇跡のCD化! [音楽の話(邦楽)]

mixiのマイミクさんの日記で知った情報なんですけど。
70年代後半、関西を中心に活動してしたバンド、レイジー・ヒップの
唯一のアルバム「フラワー・トップ」のCD化が実現したようです。

レイジー・ヒップ…、
正直、名前も知らなかったんですけど、音を聴いて、
興味を持ちました。
すごく、ええ感じです、大阪の音やな〜ww。



活動していたのは70年代後半、関西が中心。
加川良さんのバックバンドを努めていたそうです。
春一の常連だったとか。
「サザン・ロック、ウエスト・コースト・ロックへのアプローチ、
リトル・フィート、ザ・バンドにも通じるサウンド」という
ように紹介されています。

メンバーは、長田和承(g)、 安田尚哉(g)、山本正明(b)
野口実智男(ds)岩本千秋(vo)。
長田和承さんは、タコヤキの愛称を持つスチールギターの名手。
大塚まさじさんのバックでもおなじみ、春一の常連さんです。
今は亡き山本正明さんは、増田俊郎とセプテンバーブルー
のベーシストだった人。
そしてボーカルの千秋さん、いいなあ、この声。
(千秋さんの歌声は、作詞家kuroさんの追悼アルバムでも聞けます。↓)
KUROちゃんをうたう/Various Artists

販売元は、こちら。
greenwood-records

アマゾンでも発売されるようです。


フラワー・トップ

フラワー・トップ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: GREENWOOD RECORDS
  • 発売日: 2010/10/20
  • メディア: CD



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 音楽の話(邦楽) ブログトップ