So-net無料ブログ作成
検索選択
勝手にキャッチフレーズ ブログトップ

ごめん! クラプトン。 [勝手にキャッチフレーズ]

ごめん! クラプトン。


ボブ・ディラン「欲望」。

1975年7月、ボブ・ディランは、ニューヨークのCBSコロンビアスタジオで、
アルバム「欲望」のレコーディングをスタートさせた。そこに集まった
ミュージシャンは、総勢24名。その中にはエリック・クラプトンをはじめ
著名ミュージシャンも含まれていた。しかし、出来上がったアルバムに
クラプトンの名はない。クレジットされているのは、ほとんどが
無名ミュージシャン。名より実。ディランは、その曲の完成度、
テンション、緊張感、曲から伝わってくるものの大きさで選曲した。
「欲望」に納められた全9曲。それは、
著名ミュージシャンのテイクを越えた、選りすぐりのパフォーマンスだ。



欲望       (紙ジャケット仕様)

欲望 (紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ボブ・ディラン
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/09/23
  • メディア: CD



著名ミュージシャンのアルバムとなると、
◯◯◯◯の最高傑作、意欲作、新境地などなど、
その人の名前そのものがキャッチフレーズになる。
そして、もしゲストミュージシャンがいれば、
これも大きな訴求ポイントになります。
ディランの「欲望」のレコーディングには、
エリッククラプトンが参加していた。
これはレコード会社の立場からいうと、
ものすごく大きな「売り」だったと言えるでしょう。
日本のレコード会社だったら、なんとしてでも
カタチにしてしまうのではないだろうか。
でも、ディランは、あっさり、没にしてしまった。
広告をつくっている立場にいると、
これ使えるんじゃないかと考えてしまう。
その没にしたという話がおもしろい、
これを逆手にとってキャッチフレーズにしては
と思ってしまうのです。
「ごめん、クラプトン、没になってしまったよ」と。

現実的には、難しいんですけどね。
名前を使うだけでも許可がいるし、
そういう売り方、ディランサイドから
ノーという答えがでるでしょうから。

欲望というアルバムのレコーディングについては、
諸説があって、クラプトンが参加したというのは事実らしい
のですが、クラプトン参加のテイクが使われてないという説と、
使われているという説、のふたつがあります。
「ドゥランゴのロマンス」という曲のドブロギターは
クラプトンだと書かれている本もあるようです。
いずれにしろ、クレジットには、クラプトンの名前はありません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この曲、DSでつくりました。 [勝手にキャッチフレーズ]

「この曲、DSでつくりました。」

音楽制作ソフト、
ニンテンドーDS版「KORG DS-10」に
勝手にキャッチを付けました。


ニンテンドーDSを音楽ツールに変える
ソフトが発売されるようです。メーカーの説明によると、
2台のアナログシンセ・シミュレーターと、ドラムマシン、
6トラック/16ステップのシーケンサー、3種類の
サウンドエフェクトによる、幅広い曲作りができ、
ワイヤレス通信で複数台での同時プレイが楽しめるとか。
かなり本格的なもののようですね。

ただカスタマーレビューを読むと、本格的とまでは決して
言えない。これで本格的シンセが手に入るとまで思うと
がっかりするだろうと書かれていました。

まだまだ発売が先なので、広告を打つのか、
どんな広告になるのか、わかりませんが、
いずれにしろ、「DSで、音楽をつくろう。」
「世界初、DSを音楽ツールに変えるソフト」などなど
ストレートな広告がつくられるんじゃないでしょうか。

ゲームで一人勝ちのようなニンテンドー。
DSもまだまだいろんな可能性を秘めていそうですね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

本当のことしか歌えない。 [勝手にキャッチフレーズ]

「本当のことしか歌えない」。
 タイマーズ

タイマーズというバンドに勝手に
キャッチフレーズをつけてみました。
タイマーズは、忌野清志郎さん、三宅伸治さんらの覆面バンド。
タイガースのパロディだそうですが、「タイマーズのテーマ」という
曲の歌詞は、あきらかに大麻を連想させます。過激な歌詞と言動で
知られるバンドで、「偽善者」「まわりはワナ」「覚せい剤音頭」など
危ない曲を演奏することで有名。某テレビ番組の生放送で、
某FM局を罵倒した曲を歌い、ちょっとした事件になりました。

で、キャッチフレーズですが、タイマーズのレコードは、
ポスターがつくられています。
その時のキャッチが「いろいろ奪うと大人ができる」。
うまいですよね。これを書いたライターさんは、
業界でも有名な方で、音楽関係の仕事もかなり手がけてらっしゃる。
YMO再結成の時の、「私は反対でした。矢野顕子」というのも
この方の作品です。

そういう名キャッチには勝てませんが、(笑)
あえてキャッチをつけるとすると…
ストレートに「本当のことしか歌えない。」

RCサクセションに「本当のことなんか言えない」という
曲があるので、それを意識しました。
RCをやってて、なかなか本当の事を歌えなかった。
歌ったら発売禁止になった。それならタイマーズで
本当の事を歌ってやろう。
歌ってるうちに、ウソっぽい曲を歌うのがばからしくなってきた。
本当のことしか歌えなくなってきた。てな感じで。
だから「歌わないじゃ」なくて「歌えない」。

「本当のことしか歌えない。」
勝手な想像でつくった勝手なキャッチです。笑



ザ・タイマーズ

ザ・タイマーズ

  • アーティスト: THE TIMERS
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD



復活 ザ・タイマーズ

復活 ザ・タイマーズ

  • アーティスト: THE TIMERS,ZERRY,TOMMY BOYCE,MICK JAGGER,TOPPI,BOBBY HART
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
勝手にキャッチフレーズ ブログトップ