So-net無料ブログ作成
音楽(有山じゅんじ) ブログトップ
前の10件 | -

なにわブルースフェスティバル2017.9.16 ライブレポ [音楽(有山じゅんじ)]

今年で2回目になる「なにわブルースフェスティバル」が大阪ミナミの
なんばハッチで開催されました。

IMG_2242.jpg

IMG_2243.jpg

今年も昨年に続き2日間。
どちらを見に行こうかずいぶん迷いましたが、初日の土曜日のチケットを
入手しました。今年も、ブルースセットの付いたブルースシート。


なにわブルースフェスティバル2017  ライブレポ
9.16 大阪なんばハッチ

IMG_2246.jpg

今年もオープニングは、
主催者の有山じゅんじさん清水興さん
ブルースナンバーでスタートし、
有山さんの十八番「ぐるぐるぐる」と続きます。


続いては、ET-KINGのいときんさんが結成したブルースバンド
OSAKA ROOTS
久米はるき(vo.gt.)
三木あきら(ba.)
前田和彦(key.)
南あや子(alto sax.)
いときんさんが闘病中ということで、
この日はボーカルなし、インスト曲の演奏となりました。
昨年も見たんですが、いいバンドですね。よりパワフルになった感じです。
いときんさんが大好きな曲という紹介で演奏された
「A Change Is Gonna Come」が圧巻。ギターとサックスのソロの
掛け合いがすごかった。闘病中の仲間へのいろんな思いがあるんでしょうね。


3番目は、フラワーカンパニーズ
1989年に名古屋で結成されたロックバンド。
このバンドは、デビュー以来一度もメンバーチェンジを
したことがないそうです。そのせいか、メンバー同士激しく
動き回るんですが、ぶつかりそうでぜんぜんぶつからないw
息ピッタリという感じです。ボーカルの人の動きがコミカルなのが
印象的でした。聴いたのははじめてなんですが、サウンドはロック。
黒っぽさのない和製ロックって感じですね。
真心ブラザースを連想しました。


そして、BimBamBoom(ビンバンブーン)の登場。
名前も知らなかったバンドです。
メンバーは全員女性。しかも若そう。
出て来た瞬間、ちょっとツライかなって感じて席をはずそうかな
と思ったんですが…。
ドラムの心地良いビートでスタート。
サウンドはもろR&B、めっちゃ好きな音ですw
コーラスはありますが基本ボーカルなしのインストバンド。
正直、驚いたというか度肝を抜かれました。とにかくパワフル。
ギターとサックスのツインリードでガンガンきます。
ギターの女の子の髪の毛を振り乱してのソロ、ちょっとこわいなあw
OSAKAROOTSもフラワーカンパニーズも良かったんですが、
それを吹き飛ばして全部持っていったという感じでした。
調べてみると、フジロックなどにも出演して人気急上昇中のバンド。
リーダーのドラマー山口美代子さんは。PUFFY、ハナレグミ、
トータス松本、奥田民生などのライブ&レコーディングミュージシャンとして
活躍してる人だそうです。
このバンドを聴けたというのが、この日の一番の収穫でした。


ここで、三宅伸治さん登場。有山じゅんじさん清水興さんが一緒です。
オープニングは「It's Allright」続いて「It's All Right」
一曲目を演奏した後「イッツオーライトというブルースをやりましたが
もう一曲イッツオーライトをやります。同じ曲だったらどうしましょう。」
といって笑いを誘っていました。最初のはHound Dog Taylorのカバー、
後のはCurtis Mayfieldのカバー。三宅さんは、ほぼ同じタイトルの曲を
2曲日本語でカバーしてるんですね。

そして、fearuring 有山じゅんじさん
「If You Gotta Make A Fool Of Somebody」
まさか、この曲が聴けるなんて。
2015年のミナミ吠えるで、有山さんがチャボ(仲井戸麗市)さんと
一緒にやった曲ですね。ジェームス・レイ、ロンウッド、
ボニーレイットなどさまざまなミュージシャンが歌ってる曲。

最後は3人がボーカルで、
「いいことがあるといいね」。


ここで、下田逸郎さんが登場。桑名正博さんの
音楽を支えてきたソングライターの大御所です。
最初は有山さんと一緒に。曲は「気持ち」。

三宅さん、清水さんが下がって、下田さんのバンドが登場。
有山さんと下田さんは加川良さんと3人でBLAYという
ユニットをやっていましたが、ここでその話が出ました。
「加川良と一緒に歌ってた曲を有山と歌って供養にしたいと思います。」
というMCの後「早く抱いて」。有山さんも下がります。

ここからは下田逸郎OAアンサンブルのステージ。
「サンデーモーニングブルース」
「距離の問題」の後、ついに聴けました「月のあかり」。


レイニーウッドwith中村耕一の登場です。
上綱克彦(vo.key.)
石井清登(vo.g.)
ミッキー・ヤマモト(vo.b.)
鈴木明男(vo.sax.)
中村耕一(vo.)&サポートドラマー
柳ジョージ&レイニーウッドのレイニーウッドと
元JAYWALKの中村耕一さんとのタッグ。
メジャーシーンを駆け抜けてきたビッグな組み合わせなので
期待がふくらみました。
曲はすべて、柳ジョージ&レイニーウッドの大ヒットナンバー。
さすがのパフォーマンスでした。完璧ですね。
ただ、どの曲も柳ジョージさんの印象が強すぎるので、ちょっと違和感。
新しいレイニーウッドを聴いてみたい気もします。


ラストはもちろん、キー坊こと上田正樹さん
バンドメンバーは、有山じゅんじさん、正木五郎さん、
樋沢達彦さん、堺敦生さん。

IMG_2247.jpg

B.B.KINGとライブレコーディングしたという
「Feelin'Fine」でスタート。
有山岸feat.上田正樹のアルバム「ビタースイートソウル」
収録曲「River Side Blues」へと続きます。
「シンパイスナ、アンシンスナ」
「ずっとずっとやっていく」など、この日演奏された曲は、
アップテンポのR&Bナンバー中心。なんとなくサウストゥサウスを
意識したかのようなパフォーマンスでした。
もしかすると、サウス始動があるのかな?

アンコールは、オールキャストで、
「梅田からナンバまで」のニューアレンジ。
そして、締めは「IKO IKO」の石田長生さんバージョンでした。
次の日も、ラストはこの曲だったようです。
この世にはいないけど、ちゃんと石田さんも参加してるんだな、
と感じてちょっとしんみり。生きてたら、絶対ここにいる人ですもんね。

また来年、見に行きたいな。もう一度、チャボさん呼んでほしいw




主なセットリスト

有山じゅんじ&清水興
「?」ブルースナンバー
「ぐるぐるぐる」

OSAKAROOTS
「A Change Is Gonna Come」 他

フラワーカンパニーズ
「ファンキーヴァイブレーション」
「最後にゃなんとかなるだろう」 他

BimBamBoom
曲名不明

三宅伸治 with有山じゅんじ・清水興
「It's Allright」(Hound Dog Taylorカバー)
「It's All Right」(Curtis Mayfieldカバー)

有山じゅんじ with三宅伸治・清水興
「If You Gotta Make A Fool Of Somebody」

三宅伸治&有山じゅんじ&清水興
「いいことがあるといいね」

有山じゅんじ&下田逸郎 with三宅伸治・清水興
「気持ち」

有山じゅんじ&下田逸郎 with OAアンサンブル
「早く抱いて」

下田逸郎 with OAアンサンブル
「サンデーモーニングブルース」
「距離の問題」
「月のあかり」
「野良犬と馬車馬」

レイニーウッドwith中村耕一
「雨に泣いてる」
「青い瞳のステラ、1962年夏・・・」
「酔って候」
「さらばミシシッピー」

上田正樹 with有山じゅんじ、正木五郎、樋沢達彦、堺敦生
「Feelin'Fine」
「River Side Blues」
「シンパイスナ、アンシンスナ」
「不明 (ソウル・トゥ・ソウル?)」
「ずっとずっとやっていく」

(ほぼ)オールキャスト withゲスト
「梅田からナンバまで」
「IKO IKO」



なにわブルースフェスティバル2016



TIGER ROLL

TIGER ROLL

  • アーティスト: BimBamBoom,ainee,Olly Moore Simon Underwood,James Milton Johnstone,Andrew Carpenter,Cary Gilbert & Leon Huff,Leon A Huff,nemo,MODELISTE JOSEPH & NEVILLE ARTHUR LANON & NOCENTELLI LEO PAUL & PORTER GEORGE JOSEPH JR,岡愛子,山口美代子,田中歩,Maryne,前田サラ
  • 出版社/メーカー: apart.RECORDS
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: CD



nice!(2) 
共通テーマ:音楽

なにわブルースフェスティバル2016 [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじさんと清水興さんPRESENTS、

大阪発の音楽イベント「なにわブルースフェスティバル」が

昨年に続いて今年も開催されます。

昨年はどんな感じだったかな、とブログを振り返ってみたら、

なんにも書いてなかったww

というわけで一年遅れのライブレポ。一年も前のことなので、間違ってるかもです。

IMG_0980.jpg

第一回なにわブルースフェスティバル、2016年9月18日(日)なんばハッチ

出演
有山じゅんじ、上田正樹、内田勘太郎、大久保初夏、
OSAKA ROOTS BAND、金子マリ、香西かおり、山岸潤史
SAKISHIMA meeting(新良幸人/下地勇)、ザ・たこさん、くいだおれ太郎
清水興、仲井戸麗市

9月18日・19日と2日間行われたこのイベント。木村充揮さんや
大西ゆかりさんが出る18日も行きたかったんだけど、
19日はキー坊やチャボさんが出るということでそっちにしました。
今年もそうなんだけど、入手したのはブルースセットという
プレゼント付のチケット。プレゼントも楽しみなんですが、
この豪華共演をいい席で見られるのが魅力なので、そうしました。

ライブは、有山さん、清水さん、浪速区長さんらの
アコースティックユニットの「梅田からナンバまで」で
はじまったような記憶があります。

演奏順はおぼえてないんですが、
OSAKA ROOTS BAND、大久保初夏、SAKISHIMA meeting(新良幸人/下地勇)
ザ・たこさん、内田勘太郎、金子マリ、仲井戸麗市、香西かおり、山岸潤史、
上田正樹、てな感じかな? このメンツにホスト役の有山さん清水さんがからみ
ながら進んでいくという構成。

香西さんは、おなじみの有山さん清水さんとの共演。チャボさん有山さんという
ミナミ吠える以来の共演シーンも。

IMG_0982w.jpg

久々に見たキー坊こと上田さんのライブも良かったですが、
いちばん感動したのはチャボさんかな。石やん(石田長生さん)追悼ライブ
だったんですよね。いろんな思い出話が聞けたし、石田さんがカバーした
チャボさんの曲「ティーンエイジャー」を石田バージョンで演奏してくれました。
もう泣きそうになったw

あと、クドカンが絶賛するといううわさのバンド「ザ・たこさん」初体験。
う〜ん、すごいですね、清志郎さんもやっていたジェームスブラウンの
マントショーのパロディなど、笑える要素満載なんですが、それを抜きにしても
圧倒されるステージ。演奏がうまいんでしょうね。

第二回なにわブルースフェスティバルは、いよいよ今週の土曜日日曜日開催。
今年は、土曜日に見にいきます。




nice!(1) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじwith清水興ライブ。なにわブルースストリート。 [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじさん、清水興さんのプロデュースによって
昨年開催された音楽イベント「なにわブルースフェスティバル」。
今年も引き続き開催されるようです。その一環として
行われるのがストリートライブ「なにわブルースストリート」。
5月12日に中心メンバーであるお二人のアコースティックライブが
開催されました。

IMG_1471.jpg


なにわブルースストリート/有山じゅんじwith清水興ライブ
5月12日(金)18:00スタート
湊町リバープレイス前

18:00を少し過ぎたところで、有山さん、清水さん登場。
お二人ともベレー帽をかぶってましたが
その帽子の色にちなんで、これからは
ピンク&ブラック(ブラック&ピンクだったかな?)という名前で
行くわ、と有山さん。冗談かもしれませんがw

IMG_1474.jpg

オープニングは、「街のほこり」憂歌団ナンバーです。
この日のセットリストは、なにわブルースストリートの一環ということで
ブルースナンバーが中心。レアなナンバーが多かったです。

IMG_1477.jpg

IMG_1475.jpg

ブルースナンバーをはさんで、
憂歌団ナンバーをもう一曲「ヘビースモーカー」。
タイトル通り喫煙をテーマにした曲なんですが、
木村充揮さんが、禁煙スペースでタバコを吸っていて
反則きっぷをきられたという話が披露されましたw
なんと木村さんは、領収書をもらったんだとかw

IMG_1481.jpg

IMG_1484.jpg

続いては、「あつい夏」。
夏の歌を歌ったらビールが飲みたくなった、
とスタッフにビールをリクエスト。

IMG_1487.jpg

のどをうるおした後のナンバーは、
呪文の歌うたうわ、という紹介で
「ビビッテバビッテブー」。

IMG_1490.jpg

おなじみの「サバジン」
「梅田からナンバまで」と続きました。
アンコールは「ぐるぐるぐる」。
リラックスムードのいいライブでした。
9月のなにわブルースフェスティバルが楽しみです。

IMG_1470v.jpg
IMG_1500v.jpg



セットリスト

「街のほこり」
「?」
「ヘビースモーカー」
「あつい夏」
「ビビッテバビッテブー」
「鯖、ジン」
「梅田からナンバまで」

アンコール
「ぐるぐるぐる」


なにわブルースフェスティバル







nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじ「ありやまなチンチン電車の旅/阪堺電車ライブ」DVD発売!! [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじさんのライブ映像を収録したDVDが発売されるようだ。
有山さんのライブといえば、サウストゥサウス、有山岸、上田正樹さんとの
ユニットでのライブはリリースされているが、ソロでは初となる。

初リリースのライブの舞台は、なんと電車の中。ライブINちんちん電車だ。
電車を貸し切ってのライブは、それほど珍しくないようだが、
公式ライブとしてのパッケージは、検索しても見つからない。
もしかすると、日本初かもしれない。

初めてのライブビデオ発売ともなると、音も映像もベストなものを、
となるのが通常なのだろうが、雑音も多く、撮影も難しい環境である
電車の中でのライブをリリースするのは、いかにも有山さんらしい。
音も映像もホールやライブハウスには勝てない。
しかし、そこには、照明よりもあたたかな日ざしがある。
車窓に流れる街の風景がある。ホールの中よりやさしい空気が
満ちあふれている。レイドバックという言葉が日本でいちばん
よく似合うミュージシャン有山じゅんじさんにはベストなライブスポット
なのかもしれない。ファンには待望のDVD発売だ。


61bTsvpCbHL.jpg

【収録曲】
1.Bye Bye Baby Blues
2.なんだ坂こんな坂
3.スルメのように生きてる
4.線路は続くよどこまでも
5.上を向いて歩こう
6.のんき
7.ぐるぐるぐる
8.鯖、ジン
9.月の唄が聞こえる
10.ありやまな夜だ
11.陽よ登れLet's it shine On
12.あこがれの北新地
13.買い物にでも行きまへんか
14.みんなの願いはただひとつ
15.梅田からナンバまで



有山じゅんじ ありやまなチンチン電車の旅! 阪堺電車一周ライブ [DVD]

有山じゅんじ ありやまなチンチン電車の旅! 阪堺電車一周ライブ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルファノート
  • メディア: DVD





過去のリリース作品↓


有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]

有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルファノート
  • メディア: DVD





ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー [DVD]

ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 風知空知レコード/UK.PROJECT
  • メディア: DVD





そろそろおこか~CARELESS LOVE~Tour2010 [DVD]

そろそろおこか~CARELESS LOVE~Tour2010 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • メディア: DVD



nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

清水興還暦ライブ/清水興祭 [音楽(有山じゅんじ)]

ベーシスト清水興さんの還暦ライブが、大阪ミナミの
ビッグキャットで行われた。出演は、清水さんのキャリアのすごさを
物語る豪華メンバー。

出演:NANIWA EXPRESS【清水興 / 岩見和彦 / 東原力哉 / 中村建治 / 青柳誠】
スペシャルゲスト:鎌田清
HUMAN SOUL【JAYE公山 / Silky藤野 / 清水興 / Gutti谷口 / Sassy Tomo /
Jimi橋詰 / 小林若夫 / Sasuke Bone / 波部公洋 / 河村英樹】
Soulbleed【行本清喜 / 古谷光広 / 祖田修 / 白山貴史 / 清野拓巳 /
東原力哉 / 清水興】
韻シストBAND【Shyoudog / TAKU / TAROW-ONE】
Syndicate Chapter【Fred北村 / 千葉 SHIN裕己 / 横田愛郎/清水興】
MITCH ALL STARS【MITCH / 富永寛之 / 永田充康 / 清水興/ゲスト:黄啓傑】
有山じゅんじ / 香西かおり / 中沢ノブヨシ / 野上幸平

清水さんといえば、個人的には、NANIWA EXPRESS。そして
石田長生さんのサポート。いちばんよく見ているのは石田バンドでの
パフォーマンスだと思う。その石田さんがいないのは、やっぱりさみしいものだ。
ライブの構成は、それぞれ2曲ずつの共演。最後はNANIWAでBELIEVIN'で
締めくくるんだろうと予想していたが、その通りだった。


祝還暦ライブ!清水興祭

2016.12.13 大阪ビッグキャット。

IMG_1157s.jpg

IMG_1162s.jpg


ライブ半ばぐらいに有山じゅんじさん登場。
曲は「ぐるぐるぐる」。
ariyamaS.jpg

IMG_1166SS.jpg

ARIYAMA22.jpg

2曲目は香西かおりさんを呼んで「無言坂」。
arikouzai1.jpg

arikouzai2.jpg

有山さん、少し声が枯れてる感じ。大丈夫ですかねえ…。


HUMAN SOUL
IMG_1178s.jpg


NANIWA EXPRESS
IMG_1183s.jpg

IMG_1186.jpg


アンコール
IMG_1194.jpg

この日のサプライズは、息子たちの登場。
シークレットだったようです。清水さんもすごく喜んでました。
IMG_1197.jpg

最後は出演者全員での共演でした。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじDVD「ラグタイムの流儀」発売! [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじさんのDVD。
サウストゥサウスや有山岸でのビデオはリリースされているが、
ソロとしてははじめてだと思う。
タイトルは「ラグタイムの流儀」。ライブ映像を収めた
いわゆるライブビデオではなく、ギター演奏にスポットをあて
解説した、教則ビデオに近いものだ。
というと、ギターを弾く人向けのビデオかと思われるかもしれないが、
そうでもない。基本は、有山さんのギターサウンドの秘密を、
インタビュー形式で紐解いていくという内容だが、チンチン電車での
ライブ映像や酒場でのトークなど、ファンなら見逃せない映像も満載。
レコーディングされてない曲が収録されてるのも魅力だ。

私は、有山さんが綴る言葉の世界がすごく好きなのだが、
興味深いインタビューがあった。
昔は曲ありき、メロディが先でつくっていた。40ぐらいになったとき
それではダメだ、と気がついて言葉を重視するようになった、
というようなことが語られていた。
それを見た後、どのあたりで作風が変わったのか、といろいろ
聞いてみたがわからなかった。なんというか、そんなに変わってないような
気がした。有山さんの言葉にはウソがない。
心から出た言葉をそのまま歌に載せているように感じる。
それは意識しようがしまいが、変わらないんじゃないかな。

有山ファン、そしてギタリスト必見のビデオ。
「ラグタイムの流儀」。






有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]

有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルファノート
  • メディア: DVD






ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー [DVD]

ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 風知空知レコード/UK.PROJECT
  • メディア: DVD



そろそろおこか~CARELESS LOVE~Tour2010 [DVD]

そろそろおこか~CARELESS LOVE~Tour2010 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • メディア: DVD



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

なにわブルースフェスティバル、この秋、開催!! [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじさんと清水興さんPRESENTS、大阪発の
音楽イベントが、この秋、開催されます。WEBページに区長さんの姿も
あることから、区を巻き込んだ大きなイベントのようで、
おそらく、今回が第一回で毎年定期的に開催されていくのではないでしょうか。
そういえば、昨年有山さんがライブで、「来年おもろいことやるで」なんて
言ってたので、どんなタイトルのどんなイベントなのだろうか?
と、かなり期待していたんですが、うーん、すごいメンツですね。

2016年9月17日(土)
有山じゅんじを昆虫採集♪、韻シスト、内田勘太郎、
OSAKA ROOTS feat.イトキン、大西ユカリ、木村充揮、清水興、
BEGIN、山岸竜之介、四人トリオ

2016年9月18日(日)
有山じゅんじ、上田正樹、内田勘太郎、大久保初夏、
OSAKA ROOTS BAND、金子マリ、香西かおり、
SAKISHIMA meeting(新良幸人/下地勇)、ザ・たこさん、
清水興、仲井戸麗市

両日行きたいところだけど、二日も外出すると、
息子が怒るだろうし…
というわけで、とりあえず日曜の方を予約。
抽選なんで、はずれるかもだけどw

チャボさんの参加は、石田長生さんが昨年の新春のライブ
「新春、南吠える」で、有山さんとチャボさんを共演させたから、
それがきっかけだろうね。有山さんが声をかけたんじゃないかな。
その石田さんの名前がないのがさみしい…。
あと、憂歌団の名も。前回のライブで最後なんだろうな。


なにわブルースフェスティバル







nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじさんの近況。元気そうですw [音楽(有山じゅんじ)]

大阪の中央区、フレイムハウスというお店のブログに、

有山じゅんじさんの近況がアップされてました。

奥様やバンド(昆虫採集)メンバーと来店されたようです。

どうやら、通院治療でOKなようですね。良かった、良かった。

写真を見ると、ちょっとふっくらされたようで、元気そうです。↓



有山じゅんじさん♪元気ですー!(フレイムハウス通信)リンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじさんを応援するライブ。 [音楽(有山じゅんじ)]

喉頭がんで闘病中の有山じゅんじさん。

ファンとしては、静かに見守ることしかできませんが、

大阪のライブスポットが、有山さんを応援する

ライブを企画しているようです。

タイトルは、「届け!この気持ち。有山じゅんじを唄う会」。

11/8、大阪堺筋本町の「カサ・グロリア」で開催予定だそうです。

以下、フェイスブックページ引用

大阪堺筋本町のフラメンコスタジオ「カサ・グロリア」です。この度、
先のライブで知り合ったミュージシャン、マサ・タケダ氏と共同で
「届け!この気持ち。有山じゅんじを唄う会」と題して、ライブを
企画するにいたりました。つきましては、それぞれの「有山さんの唄」を
唄っていただける方々を募ります。少しでも尊敬する有山さんの
闘病の力になれるよう、有山ファンの力を結集できれば・・・。
もちろん、上手い下手、キャリア有る無し、プロ・アマ、老若男女、
不問でございます。ご賛同ご参加いただける方は当FBまで
ご連絡いただけないでしょうか?日程は11月8日のお昼から夕方に
かけて行う予定です。
尚、収益目的のライブではございません。当日はお客様より、
若干のチャージ料金をいただく予定ですが、その収益は
参加ミュージシャンの交通費、及び諸経費として使用いたします。
また、当日の模様は、youtube等動画サイトへアップする
方向で考えております。

Peña Flamenca Casa Gloria 

出演者、たくさん集まるといいですね。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

有山じゅんじを昆虫採集LIVE 2015 8.14 [音楽(有山じゅんじ)]

有山じゅんじを昆虫採集ライブ
有山じゅんじ(VO.G)正木五郎(DR.VO)、小池正行(VO、B)
左納良子(KEY)、小阪惇平(G.VO)、西山ゆい(VO.HARP)
深田正樹(PER)、イカ松(PER)
(2015 8.14 大阪西天満 GANZ toi,toi,toi)

このバンドを見るのは、3回目。
一回目は祝春一番、二回目はバーえん20周年記念パーティ、
バンド単独でのライブは今回が初めてです。
盆休みの時期は、ライブに出かけたりしないんですが、
石田長生さんのことがあったので、好きなアーティストのライブは
できるだけ見ようと。無理して見に行きました。

予約がスタートしたときは、「昆虫採集」単独だったのですが、
しばらくしてから、オープニングアクトが決まりました。
「ザ・天網恢々疎にして漏らさズ」というバンド。
ソウル、ファンク、ロックを融合させたようなサウンド。
なかなかいいバンドですね、RCが好きなのかなあw
で、当日このバンドの演奏時間がすごく長かった。
ふつう前座だと30分ぐらいだと思うんですが、約1時間の
ライブ。彼らもそれを気にして「きょうは、長目にやってくれ、
と言われましたので」なんて言ってました。
有山さんのノドの調子を考慮して、そうなったのかも
しれませんね。

有山じゅんじを昆虫採集のライブは、8時過ぎから。

P1050345.jpg


P1050350.jpg


P1050351.jpg


P1050354.jpg


P1050364.jpg

いつもと変わらぬリラックスムードのいいライブでした。

ただ、正直、えっ?と思うぐらい演奏時間が短かった。

二度のアンコールを入れて1時間20分ぐらいだったと思います。

でも、二度目のアンコールは予定になかったみたいで、

無理してやってくれたんだなと思います。

このバンドは、個人的にすごく好きなバンドです。

できればレコーディングしてほしいな、と思ってます。

P1050383.jpg


有山さん、元気になって、復帰してね。



nice!(1) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 音楽(有山じゅんじ) ブログトップ