So-net無料ブログ作成

映画「偽りなき者」。 [映画]

「偽りなき者」は、トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン主演の

デンマーク映画。園児のウソによって、変質者というレッテルを貼られ

街の人たちから迫害を受ける男の物語。非常に重いムードの映画ですが、

名作として語り継がれて行く一本ではないでしょうか。最後の最後まで

目が離せない映画です。

邦画の『それでもボクはやっていない』と

よく比較されているようですが、子どものウソがきっかけになっているので、

こちらの方が、こわいなあ、という気がしました。

これぐらいの年齢の子って、話を聞いてると、コロコロ変わっていくんですよね。

うちの子もそうなんですけど、想像が入ったりして、話がふくらんでいくことがある。

だから、いつも話半分に聞いています。

小さい子を持つ親として、いろいろ考えさせられる映画ですね。

子どもの言うことを信じてあげたい、でも信じすぎてもいけない。






偽りなき者 [DVD]

偽りなき者 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「龍三と七人の子分たち」。 [映画]

大好きな北野武監督の新作。
元やくざの高齢者たちが、元暴走族の若者に挑む、という設定も
おもしろいし、かなり期待して見に行きました。
ん〜、なんか北野監督らしくない。
あの独特の空気感、緊張感、そしてキタノブルー、
あるはずのものが、そこにない。

北野監督は、役者さんが演技をするのを嫌うそうですが、
今回、演技してる感じがするんですよね。とくに、近藤正臣さん。
北野作品は、脚本がその場でどんどん変わり、アドリブ満載となるそうですが、
この映画ではまったくなかったと、ある俳優さんが語っていました。
セリフを完全に固めて、事前に読み合わせもしたのかもしれませんね。

リアリティを大切にする監督だと思うんですが、
今回のストーリー展開は、どうなんだろう。
すこし、無理があるような気もしました。
次に期待します。

ヤクザをテーマにしたコミカルな映画といえば、
最近、ロバート・デ・ニーロ主演の「マラヴィータ」の
ビデオを見ましたが、こちらの方がおもしろかったかも。

タグ:邦画 北野武
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

もう一度見たくなる映画「鑑定士と顔のない依頼人」。 [映画]

久々に見たビデオ、久々に大当たりでした。

ニューシネマパラダイスのジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。

「鑑定士と顔のない依頼人」。

これは、映画館で見たかったなあ。

結末を知ってから、もう一度見たくなる、

そんな仕掛けのある映画です。

封切り当時、リピーターキャンペーンとして

2回目以降、1000円で鑑賞できたんだそうです。

というわけで、内容に関しては、まったくふれないことにします。

ネットで検索すると、ネタバレ記事が多いので、ご注意を。



そういえば、「必ずもう一度見たくなる小説」、

乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」も、

もうすぐ公開されるんですよね。あれは小説だからこそ成立する

世界だと思うんですけど、映画でうまくいくのかなあ?

個人的には無理だと思いますよw

すごく気になりますが。



鑑定士と顔のない依頼人 [Blu-ray]

鑑定士と顔のない依頼人 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]

鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



nice!(2) 
共通テーマ:映画

子どもに絶対見せたくない映画w 「ムービー43」 [映画]

仕事がヒマだったので、録りだめしていたビデオを一本見ました。

「ムービー43」。お下劣という言葉がありますが、

まさにそんな形容がぴったりの映画。おバカな下ねた満載の

ハリウッド映画です。とある脚本家が映画の企画を持ち込むという

ストーリーなんですが、そのすべてのネタが、キタナい、エロい、品がない。

ここまでやるか、というお下劣オンパレードです。

それを、ハリウッドの超がつく大物スターたちが演じているというのが

この映画のキモなんでしょうね。

51DUirsaAsL._SL500_AA300_.jpg

リチャード・ギア、ハル・ベリー、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット、

ヒュー・ジャックマン、ユマ・サーマン、デニス・クエイド……。

しかし、よく出たよな、こんな映画に。

感覚が違うんでしょうね、日本とは。役者たちが楽しんでいるようにも見える。

子どもに見せたくない映画のダントツ一位w

もちろんR指定だと思いますが。




ムービー43 Blu-ray

ムービー43 Blu-ray

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



ムービー43 DVD

ムービー43 DVD

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD



nice!(1) 
共通テーマ:映画

中学生男子の頭の中。 [映画]

サブタイトルをつけるとしたら、そんな感じになるんじゃないでしょうか。

「中学生円山」。宮藤官九郎さんの3作目の監督作品。

思春期真っ盛りの中学生が、あるHな目的を達成するために、日々

トレーニング(?)にはげむ、というストーリー。

下ネタ満載の、おばかな映画です。

わかるわかる、中学の頃って、こんな感じなんだよな、と

笑いながら見ることができました。どちらかといえば、

男性向けの映画だと思います。中学生の男の子と、

上の階の住人(草なぎ剛)の二人が主人公って感じなんですが、

余計なんじゃないですかね、上の住人は。

ストーリーのじゃまになるような気がしました。

草なぎ剛ありきの企画なんでしょうけど…。



うちの息子も、まだまだ先だけど、こうなるんだよな。

たいへんだな、思春期は、いろいろとw

いずれにしろ、この先も、この国が平和であってほしいものです。

戦争にまきこまれませんように……。

親として切なる願いです。




中学生円山 ブルーレイデラックス・エディション [Blu-ray]

中学生円山 ブルーレイデラックス・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



中学生円山 DVDデラックス・エディション

中学生円山 DVDデラックス・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




nice!(1) 
共通テーマ:映画

映画「とめ子の明日なき暴走」 [映画]

「とめ子の明日なき暴走」という映画を見てきました。

なぜ見に行ったかというと、それは有山じゅんじさんが出ているから、

そして、撮影を見に行ったから。一度、ブログに書きましたね(過去記事

いわゆるメジャーではなく、インディーズ。

正直、あまり、というかまったく期待していなかったんですが、

おもしろかったです。PTSDという難しいテーマを描いた作品なんですが、

小説のように章で区切られていて、テンポもストーリーも小気味よかった。

ただ、後半、ストーリーにひねりが入って、ヘンな方に行くんだけど、

まっすぐの方が良かったんじゃないかなあ。

戦争、放射能、スピリチュアル、占い……、等々、要素も多すぎるように

感じました。



監督さんが来られていたので、すこしお話を聞かせていただきましたが、

有山さんの大ファンだそうです。

「陽よ昇れ(Let’s it Shine On)」の曲を使いたいというのが

最初に頭にあったんだとか。有山さんありきの企画だったということですね。

「とめ子の明日なき暴走」

P1020207-356.jpg

場所は、大阪九条の、小さな小さな映画館「シネ・ヌーヴォ」。

12/28までやっています。





nice!(1) 
共通テーマ:映画

ストーリーのない映画。ある映画。 [映画]

最近見た、ビデオ3本の話。邦画2本と、洋画1本。
1本目は、荻上直子監督作「めがね」。
南の島(おそらく与論島だと思うんですけど)にある
浜辺の宿「ハマダ」を舞台にして、そこに集まってくる
人たちが繰り広げる人間ドラマ。なんですが、
実のところ、ほとんど何にも繰り広げられない。
ただ、たんに人々がたそがれているだけ。ストーリーが
ほとんどない映画です。「何が自由か、知っている。」という
キャッチフレーズで広告された作品なので、
なんとなくわかると思いますが、それがこの映画の
狙いなんでしょうね。「バーバー吉野」「かもめ食堂」など
荻上監督の作品は好きなんですけど、正直、
この映画はちょっとつらかったです。

2本目は、ストーリーがある邦画、「クローズド・ノート」。
携帯サイトで連載された恋愛小説の映画化。
沢尻エリカさんの舞台挨拶での態度が問題となった映画ですね。
1冊の日記が鍵となって繰り広げられる
ふたつのラブストーリー。なかなかおもしろい映画でした。
「めがね」がつくらない映画なら、「クローズドノート」は
つくりこまれた映画って印象ですね。

最後は、ストーリーで勝負の洋画。
ニコラス・ケイジ主演の「マッチスティック・メン」。
潔癖性の詐欺師と娘が織りなす、コメディタッチのドラマです。
監督リドリー・スコット、製作総指揮ロバート・ゼメキスということで
絶対おもしろいだろうと思ったんですが、予想通りの出来。
そのストーリー展開には、驚きました。
おすすめ度は、これがだんとつ。
この手の映画は、やっぱりアメリカだなあw




マッチスティック・メン 特別版 [DVD]

マッチスティック・メン 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(4) 
共通テーマ:映画

映画「ハルフウェイ」。 [映画]

「ハルフウェイ」という映画のビデオを見ました。

北海道を舞台にした高校三年生の男女のラブストーリー。

ストーリーらしいストーリーはなく、

主役である二人、北乃きいと岡田将生のやりとりが

延々と映し出されるムービー。

ライトノベルを読んでいるかのような映画でした。

リアリティを出すため、

ハンディカメラでの撮影を多様、

セリフはほとんどがアドリブだそうです。

なんというか、このふたりの高校生が、

とてもまっすぐで、かわいらしい。いい子たちだなあ、

とおじさんは微笑んでしまいました。

自分の子も、こういう若者に育ってほしいなあ、ともw

おすすめです、というと

映画通の人に怒られるかもしれないけど、素敵です、この映画は。







ハルフウェイ [DVD]

ハルフウェイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD





nice!(7) 
共通テーマ:映画

寅さんに会いたいなあw [映画]

一年に一度くらい、ふと見たくなる映画があります。
寅さんシリーズです。
すごく感動する、すごくおもしろい、
という映画ではないのだろうけど、
いい気分になるんですよね。
進化とか、便利とかに囲まれた暮らしの中で、
つい忘れがちな大切なもの。
そんなものが、
この映画の中にあるような気がして。

8月末の「朝日新聞beランキング」に
寅さんのマドンナランキングが載っていました。
1位は吉永小百合さん、
2位は浅丘ルリ子さん、
3位は大原麗子さん、
以下、竹下景子さん、松坂慶子さん、田中裕子さん、
栗原小巻さん、八千草薫さん、桃井かおりさん、伊藤蘭さん、
と続きます。
個人的には、第38作「知床慕情」での
竹下景子さんがベストです。役者さんというより
役柄がですけどw

寅さんのビデオ(DVD)、
市販のものではなく、録画したものばかりですが
ほとんどの作品があります。
でも最後の作品は、まだ見てないんですよね。
なんか、もったいなくってww






第38作 男はつらいよ 知床慕情 HDリマスター版 [DVD]

第38作 男はつらいよ 知床慕情 HDリマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD









ヘタな人生論より「寅さん」のひと言 (河出文庫)

ヘタな人生論より「寅さん」のひと言 (河出文庫)

  • 作者: 吉村 英夫
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/08/04
  • メディア: 文庫




nice!(5) 
共通テーマ:映画

人は、二度死ぬ。「ガマの油」より。 [映画]

盆休みに、家で
「ガマの油」という映画のビデオを見た。
それは、子を亡くす親の物語。
大切な人の死をどうやって受け止めるかがテーマ。
偶然のセレクトだ。
その中で、とても印象的な
セリフがあった。

「人は二度死ぬ」。

一度目は、肉体が死ぬ時。
二度目は、その人のことを誰も思い出さなくなった時。
その時が、ほんとうの死だ、という死生観。

誰かの心の中に生きてる間は
まだ死んではいない。
つまり、ふとした時に
誰かが思い出してあげれば、
その人は、ずっと生き続けることができる。
監督である役所広司さんは、
そんなメッセージをこの映画に込めたようだ。


ガマの油 プレミアム・エディション [DVD]

ガマの油 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD





娘を亡くして5年、
日々の暮らしの中で、
ふと思い浮かべることがある。
もう小学生なんだよな。
そして、その存在を
近くに感じることがある。

娘にも父にも、会うことは
できない。
でも、心の中で生きている。
ころからも、
いろんなことを思い出して、
もうすこし
長生きさせてあげないとね。



nice!(12) 
共通テーマ:映画