So-net無料ブログ作成

萩原健一/50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE 2017なんばハッチ。 [音楽の話(邦楽)]

今年5月にビルボードで行われた、萩原健一「LAST DANCE」の
生中継をテレビで見た。全盛期のパワフルさは感じられないものの、
新しい何かがそこにあった。再び音楽に取り組もうというショーケンの
熱意みたいなものを感じたし、もう一度そのパフォーマンスを生で
見てもいいかなと思った。詳しくは、前回書いたので省略するが、
もう一度ミュージシャンとしてのショーケンを追いかけるか否かを
確かめに、10月3日大阪ミナミのライブスポット、なんばハッチへ出かけた。

IMG_2302m.jpg

萩原健一 50TH ANNIVERSARY PREMIUM LIVE last dance VOL2
2017 10/3 大阪ミナミ・なんばハッチ

会場につくと、予想通り、かなり年くった男がいっぱい。
ショーケンのファンは昔から、男性が多かったがそれは今も変わらないらしい。
男が惚れる、憧れ的存在。要するに、男がマネしたくなるかっこいい男なのだ。
開演前から会場の熱気はすごく、「ショーケ〜ン!ハギワラ〜!」など
男の叫び声が会場にこだまする。この年齢層をこれだけエキサイトさせるのは
すごい。

場内暗転とともに、手拍子と叫び声。
私は2階席だったのだが、1階を見るとほぼ総立ち。
もうすでに、異様なぐらいの盛り上がりだ。
バンドの後ショーケン登場。
オープニングは、「ショーケントレイン」。
「ぐでんぐでん」と続く。
2003年のライブビデオを見て
ファルセットを多用するのが気になっていたが、この日も多い。
「ぐでんぐでん」は裏返さずに、地声でも歌えるのではないかと感じた。
続いて「アイショットザシェリフ」のイントロから「ドントユーノウ」。
開演前にボブマーリーの曲が流れていたので、
「アイショットザシェリフ」が好きなのかもしれない。
そしておなじみの「ラストダンスは私に」。
昔は、「葉っぱ」や「麻薬」などの言葉で歌っていた部分を
「お酒」に変えていた。

この後、はじめてショーケンがしゃべった。
NHKから仕事をもらったこと。その出演のため、頭を剃ったことなど。
そして「ホワイト&ブルー」。セットリストは、おそらく全公演共通なんだろうが、
アップテンポ中心で、ロックアレンジ。がんがん攻めてくる感じだ。
ここで一転してスローな曲「大阪で生まれた女」「エメラルドの伝説」と
続いたのだが、「エメラルドの伝説」ではかなり音程がふらついていた。
もともと、この揺れる不安定さもショーケンの歌の魅力だろうし、
ロックっぽさだと思うのだが、この曲でははずれ過ぎかな。う〜ん、
どうしたんだろう。リハ不足なのかな?
そして「ハローマイジェラシー」。曲の最後に「イマジン」のフレーズが
出てくるという往年のパターン。古村敏比古さんのサックスソロが冴える。
スローおよびミディアムテンポの曲が続く「シャ・ラ・ラ」

ここから再びアップテンポのナンバーが続く。
「Ah! Ha!」「どうしようもないよ」「テンダーナイト」。
終演に向かって突き進んでいく感じだ。
ラストは、テンプターズナンバー「神様お願いだ」。
アンコールは、「サンキューマイディアフレンズ」「さよなら」。
約1時間半のライブだった。

IMG_2309.jpg

IMG_2311m.jpg

感想としては、ひと言、「かっこよかった」w
67歳で、このパフォーマンス。声も思ったより出ていたし、
上出来なのではないだろうか。まだまだロックを歌えるような気がする。
気になるのは、ショーケンのトレードマークでもあるファルセット。
か細い感じではなくしっかりとシャウトしてるのだが、
曲の途中で急に声が裏返るのは違和感を覚える。
サビの部分だけファルセットで歌うとか、意図的にそうしているのなら
いいのだが…。
この日のセットリストでは、「どうしようもないよ」が特に良かった。
ファルセットと地声の切り替えが見事に決まっていたように思う。

う〜ん、またショーケンの音楽を聴いてみようか。
新曲を録音したり、ライブを継続してくれるならの話だがw

IMG_2306m.jpg



セットリスト

●ショーケントレイン
●ぐでんぐでん
●PM10時すぎ会いたくて(DONT YOU KNOW)
●ラストダンスは私に
●WHITE&BLUE
●大阪で生まれた女
●エメラルドの伝説 
●ハローマイジェラシー 
●シャ・ラ・ラ
●Ah! Ha!
●どうしようもないよ
●テンダーナイト
●神様お願いだ
アンコール
●サンキューマイディアフレンズ
●さよなら

ショーケンバンドのメンバーについては
今の時点でよくわからないのだが、
著名なミュージシャンが二人含まれていた。
一人はギターの柳沢二三男さん。Puffyや矢沢永吉のツアーを
支えるギターリスト。
もう一人は、サックスの古村敏比古さん。
織田哲郎、浜田省吾のライブバンドで活躍していた人で
金子マリ&バックスバニーのサポートもやっていたように思う。
バンマスは、キーボードの橋本しんさん。





Last Dance

Last Dance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: IVY Records
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: CD



ANGEL or DEVIL

ANGEL or DEVIL

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MW RECORDS
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: CD



nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ミュージシャン・ショーケン(萩原健一)完全復活なるか? [音楽の話(邦楽)]

ショーケンこと萩原健一さん。
80年代のはじめ、私が一番はまっていた日本のミュージシャンだ。
柳ジョージ&レイニーウッドをバックに従えた「熱狂雷舞」
それに続く「Don Juan LIVE」という2枚のライブを聴きまくっていた。
ものすごく歌のうまいヴォーカリストだとは感じなかったが、
その歌声はロックそのもの、その熱気、その迫力に圧倒された。
もちろんコンサートにも何度も足を運んだ。サウンドはもちろん、
ロックパフォーマーとしての視覚的なパフォーマンスも圧巻だった。
特に印象に残ってるのが、大阪城野外音楽堂でのライブ。
「スプリングカーニバル・シャンティシャンティライブ」という
タイトルだったように思う。石田長生さん率いるボイス&リズムがトップ、
続いて憂歌団、最後にショーケンが出て来るというすごい
組み合わせのライブだ。3組とも大好きなバンドだが、そのときの
パフォーマンスはショーケンがだんとつ。まさに神懸かり的なライブだった。
ミュージシャンとしてのショーケンの最盛期はわずか4年、
79年から83年の間だ。83年に事件を起こし逮捕され1年間活動を完全停止。
その後復帰し音楽活動を再開したものの、何度もトラブルを起こし
音楽の世界からは完全に消えてしまった。
あのパフォーマンスは、日本で唯一無二のものだと感じていたので、
とても残念に思ったものだ。

あのショーケンが、復活ライブをやる。そんなうれしいニュースが
伝わって来たのが2003年。これは絶対に見ないとダメだと感じて
発売当日にチケットを入手しようとしたのだが、すぐにソールドアウト。
泣く泣くその後発売されたライブビデオで復活の感激を味わおうとした。
ところがところが、そのビデオを再生してびっくり。
あの最盛期のショーケンのパフォーマンスの面影すら感じないひどい出来。
声がまったく出ていないし、ロックヴォーカルじゃない。
このビデオのアマゾン評では賛否両論あるようだが、これはもうダメ。
パッケージ化するような内容ではないし、なによりこんなライブを
開催したらダメだと感じた。ショーケンといえばトレードマークは、
あの独特のファルセット。
昔はロックを感じさせる力強いものだったが、このときのファルセットは、
ただ声が裏返ってるだけという印象。ファンとして悲しかった。
一度しか見てないので、記憶が確かではないのだが、トークもメンバー紹介も、
ファルセットでやっていたように思う。なんで、裏声でしゃべったんだろう?
このビデオを見終わった後、ミュージシャンとしてのショーケンを
追いかけることは二度とないと思った。俳優としても好きだったので、
そちらは別だが。

今年の5月、あるコマーシャルを偶然目にした。
「萩原健一4年ぶりのワンマン「Last Dance」生中継が決定」というものだ。
私の中では、ショーケンの音楽は完全に終わっているので、
2003年の時のような感激はなかった。その後も音楽を続けていたということは
まったく知らなかったし、そんなに興味もなかったのだが、テレビで放送するなら
見てもいいか…。
そんな感じで見たフジテレビNEXTでの生中継ビルボードライブ。

う〜ん…
ほう…
なかなかいいじゃないか。
もちろん最盛期のあの圧倒するような
パフォーマンスではないが、年齢を考慮すれば
まずまずの出来。予想よりはずっと良かった。
年を重ねることによって、いろんなものが
失われるが、得るものもたくさんある。
その得たものが、このライブで発揮されてるように思えた。

というわけで、久々にショーケンライブのチケットを入手した。
Hagiwara 50th Anniversary Premium Live ~Last Dance~ Vol.2
10月に見にいく予定だ。何年ぶりだ?25年?
ショーケン復活を確かめる、というより
自分の中でのショーケンのファン復活なるかを確かめに。




Last Dance

Last Dance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: IVY Records
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: CD



熱狂・雷舞(SHMCD)

熱狂・雷舞(SHMCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD



DONJUAN LIVE(SHMCD)

DONJUAN LIVE(SHMCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD



タグ:萩原健一
nice!(2) 
共通テーマ:音楽

(育児日記)今年も運動会は暑かった。 [育児日記(8歳〜)]

9月24日の日曜日、息子が通う小学校の運動会です。

今年も朝早くから場所取りのため並びました。

昨年より少し早く7時15分に到着したんですが、かなりの列。

聞くところによると、先頭の方は5時半から並んでるとか、さすがに

そこまでは出来ませんねw 

なぜ並ぶのかというと、我が家の場合は敬老席を

2席確保しなければならないからです。うちの母は、親戚たちとの

墓参りの日程を変えてもらってまで見に来ましたし、おばあちゃん連中は

孫の運動会が楽しみみたいですね。

undokai002s.jpg

で、今年の運動会。息子が出た競技は、3つ。

棒引きと徒競走とダンスでした。ちょっと少ないように感じるんですが、

時間的にその数がちょうどなんでしょうね。

今年は、徒競走はちょっと残念。ダンスは見事にこなしていました。

IMG_2278ss.jpg


今年の運動会も暑かったです。

23〜24あたりだと、秋分の日のお墓参りと重なってしまう方も

多いだろうし、もうちょっと後ろへ日程をずらしてくれたら

ありがたいんですけどね。

まあでも、台風と重ならかったし、晴れて良かったです。

IMG_2286.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:育児