So-net無料ブログ作成

ボブディラン大阪公演2010、最終日(3月16日)。 [音楽(ボブ・ディラン)]

ボブディラン日本公演2010、
3月16日、ZEPP大阪、ライブレポ。(開演までの様子は、こちら)。

追加公演でプラスされた3月11日からはじまったボブ・ディラン
日本公演。今回の公演も、日替わりセットリストになるだろうと言われて
いましたが、今日で5回目、すでに終わった11、12、13、15日の
リストを見ると予想以上に入れ替えている、ということで
わくわくしながら開演を待っていました。
オールスタンディングのせまいハコという環境もあるんでしょうが、
開演前からかなりの熱気。明るいうちから
手拍子がはじまったり、かけ声が飛んだり。
昔は、そういうライブが多かったですよね。すごく懐かしかったです。

予定を15分ほど過ぎて、MC登場。こういうのも懐かしい。
「〜レディス&ジェントルマン、ボブ・ディラン」。
そのオープニングの様子の動画(というか音声)が早くも
YOU TUBEにUPされています。(参考

ディランは、上下が黒の衣装。黒の帽子。
そして真っ赤なシャツ(orスカーフ?)というスタイルでした。
最近は、ほとんどが鍵盤を弾きながら歌う、ということですが、
やはり、まっ先にキーボードの前に。
一曲目は、早くも意表をつかれました。有名どころを
持ってくるかな、と思ったんですが、アルバム「Under The Red Sky」から
「Cat's In The Well」。

二曲目は、ボブ・ディラン、HARPを手にセンターマイクの前へ。
どうやらスタンディングで歌うようです。
曲は、私にとっては、まさにビッグザプライズでした。
メロディをガイドするようなイントロだったんで、あれれ?
と思ったんですが、歌い出すとやっぱりあの曲。
「This Wheel's On Fire」。
「火の車」という邦題が付けられたこの曲、
ボブディランのレパートリーというより、
ザ・バンドの演奏で知られる曲。今は亡きリックダンコが
来日公演の時、熱唱していたのを思い出して、もう涙、涙。
ゆっくりとしたテンポで、語りかけるように歌うボブ・ディラン。
アレンジがすごくいいです。

続いてアルバム「Love and Theft」から
「Summer Days」。
次の曲もイントロですぐわかった。懐かしのナンバー、
「I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)」。
このあたり、ディランは、ずっとキーボードです。
ひょっとしたら、ギターを弾きながらより、この方が歌いやすいのかな
と思ってたら、音をはずしましたwww

ふたたびステージ真ん中で、HARP片手に歌います。
アルバム「Together Through Life」から
「Forgetful Heart」。

そして、ここで大好きな曲をやってくれました。
この日のセットリストは、個人的には大当たりですww
「Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)」
GEORGE RECILEというドラマーは、LEVON HELMのファンなのかな?
こういう曲でのシンバルワークを聞くと、そう感じました。
共演経験もあるみたいだし。

次の曲も、レアですよね。
「John Brown」。
その次は、アルバム「Under The Red Sky」のタイトル曲
「Under The Red Sky」。
アルバム「Love and Theft」から
「Honest With Me」。

ここで、プロテストソングの代表曲、
「戦争の親玉」という邦題がつけられた反戦ソングが登場。
「Masters Of War」。
続いての曲も、ディランの代表曲。今回のツアーでは
ずっと歌われているようですね。
アッポテンポのロックアレンジで聞かせてくれます。
「Highway 61 Revisited」。
ディランのキーボードとチャーリーのギターとの
掛け合いがありましたし、かなり盛り上がりました。
今回のツアーのハイライトのひとつだと思われます。

今回、このアルバムからの選曲が多いです。
アルバム「Love and Theft」から
「Po' Boy」。
アルバム「MODERN TIMES」から
「Thunder On The Mountain」。
ちょっとリズムが乱れたような気が???
でも演奏のテンションはすごい。

ラストの曲は、今回、この曲で固定されているようです。
「Ballad Of A Thin Man」。
アレンジ、歌い方、パフォーマンス、
とにかくめちゃくちゃかっこいいですwww
ステージ中央で、ハンドマイクで歌います。

ここからアンコール。中々出てきませんww
(ゆっくり休憩って、ことなんでしょう)

「Like A Rolling Stone」。
「Jolene」。
アンコールで盛り上がりは、最高潮。
Like A Rolling Stoneは、大合唱となりました。

メンバー紹介。事前の情報通り、初めてここで、
ボブ・ディランがしゃべりました。
日本だからしゃべらないのではなく、ずっとこうだそうですww

「All Along The Watchtower」。

拍手なりやまず。場内が明るくなっても「ワンモア!」などの
声が飛び交っていましたが、そのまま終演。公演時間は2時間弱でした。



あと、感じた事を羅列します。

今回のライブは、全体的にそうですが、
アレンジ、そして歌い方が非常にかっこいいです。
原曲とはかなり違うのはいつものことですが、
歌いはじめるまでわからない、というアレンジではなく
イントロだけで、曲が連想される、そういうアレンジの曲が
多いような気がしました。
そして何曲かで、語尾を伸ばすというか、叫ぶというか、
最盛期の歌い方に近いものを感じました。

印象としては、すごくロックです。
それも懐かしいロック。最初のMCもそうですが、
全体的な雰囲気がそう。ドラムのカウントで
ドンピシャで曲がはじまり、ドンピシャで終わるってのではなく、
ルーズな感じ。こういうの、「ジャム」って言葉が
当てはまるのかな?
曲の合間に、バスドラがドドドドッて響いたり、
ギターがジャーンと鳴ったり。
この雰囲気が、懐かしいなって思いました。

ボブ・ディランは、演奏のテンションを非常に重視している、という話を
何かで読んだ記憶がありますが、セットリストを日替わりにするのも
そんな意味合いなんでしょう。毎日同じ曲だと、
演奏はほぼ完璧にできる、というメリットはあるものの、
どうしても緊張感が薄れていく。
曲によっては、ミスってる部分(特にディランww)が
あるんだと思うんだけど(たぶん)、すごく、いい演奏だと感じられました。

バンドとしては、やっぱりチャーリー・セクストンですかねえ。
若干17歳でソロ・デビューした、かつてのギター小僧ですが、
非常に華がありますね。パフォーマンスもサウンドも。
そして、ボブ・ディランは、現役バリバリのロックシンガーでした。
たぶん、いろんなミュージシャンが見に行くんじゃないでしょうか。
もし、忌野清志郎が元気だったら見に行ってたんだろうな。
「なかなか、やるじゃん」なんて言って。



あ、そうそう、最後に、
今後見にいく方へ。
ボブ・ディランの鍵盤は右サイドにあるので、
入場されたら、右側へいく方がいいと思います。



3月11日
1. Watching The River Flow
2. Girl From The North Country
3. Things Have Changed
4. To Ramona
5. High Water (For Charlie Patton)
6. Spirit On The Water
7. The Levee's Gonna Break
8. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
9. Cold Irons Bound
10. A Hard Rain's A-Gonna Fall
11. Highway 61 Revisited
12. Can't Wait
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
アンコール
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower


3月12日
1. Leopard-Skin Pill-Box Hat
2. Lay, Lady, Lay
3. Beyond Here Lies Nothin'
4. Don't Think Twice, It's All Right
5. The Levee's Gonna Break
6. Just Like A Woman
7. Tweedle Dee & Tweedle Dum
8. Make You Feel My Love
9. Honest With Me
10. Po' Boy
11. Highway 61 Revisited
12. I Feel A Change Comin' On
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
アンコール
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower


3月13日
1. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
2. The Man In Me
3. I'll Be Your Baby Tonight
4. Love Sick
5. Rollin' And Tumblin'
6. The Lonesome Death Of Hattie Carroll
7. Tweedle Dee & Tweedle Dum
8. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
9. Ballad Of Hollis Brown
10.Shelter From The Storm
11.Highway 61 Revisited
12.Not Dark Yet
13.Thunder On The Mountain
14.Ballad Of A Thin Man (Bob on center stage on harp)
アンコール
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower


3月15日
1. Watching The River Flow
2. Senor (Tales Of Yankee Power)
3. I'll Be Your Baby Tonight
4. High Water (For Charlie Patton)
5. The Levee's Gonna Break
6. Tryin' To Get To Heaven
7. Cold Irons Bound
8. Desolation Row
9. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
10. Man In The Long Black Coat
11. Highway 61 Revisited
12. Spirit On The Water
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
アンコール
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower


3月16日
1. Cats In The Well
2. This Wheel's On Fire
3. Summer Days
4. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
5. Forgetful Heart
6. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
7. John Brown
8. Under The Red Sky
9. Honest With Me
10. Masters Of War
11. Highway 61 Revisited
12. Po' Boy
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
アンコール
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower

nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 5

yukky_z

そんな小さなキャパで、ディランを間近に
観られて大変ラッキーでしたね~!
こんなことは恐らく「最初で最後」なのでは?!
by yukky_z (2010-03-17 23:59) 

DEBDYLAN

コメントありがとうございました!!

僕は明日(もう今日か^^;)楽しんできますw

by DEBDYLAN (2010-03-18 00:28) 

BRUCE06

yukky_zさん。
そうですね、zeppクラスの会場での
コンサートは、もうないでしょうね。
スタンディングはきつかったですけど。
盛り上がりますね。


DEBDYLAN さん。
いよいよ、今日ですか。
大阪とはがらっと
セットリストが変わるかも
しれませんね。


by BRUCE06 (2010-03-18 10:23) 

Backstreets

こんばんは。
今回は珍しい曲がところどころに散りばめられていますね。感涙もののナンバーばかりですが、古くからのファンの方々は満足されたのでしょうか。
チャーリー・セクストンの復帰は喜ばしいところ。彼の演奏はディランの曲によく似合っていると思います。
by Backstreets (2010-03-18 20:06) 

BRUCE06

50代、60代、70代とオールドファンも
多かったようです。そして若者も多かったです。
感じ方はそれぞれなんでしょうが、
私、個人としてはセットリストに満足しました。

チャーリーはうまいですね。
さすがに年とったなあ、という感じましたけど。笑

by BRUCE06 (2010-03-18 20:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0