So-net無料ブログ作成

イーグルス大阪公演2011、ライブレポ。(セットリスト含む) [音楽の話(洋楽)]

イーグルス関連のライブは、よく見ています。
グレンフライのソロライブ、ドンヘンリーのニューイヤーイベント、
ジョーのサントリーホットライブ、もちろんランディマイズナーの
ライブも見に行きました。そしてイーグルス本体.
バンドとして見るのは4度目になります。
場所は、前回と同じ京セラドーム。大阪公演は、テレビや新聞で
繰り返し広告されていたので、チケットが売れていない、
そんな噂がありました。


コンサートグッズコーナー、Tシャツがメインです。
P1000785-417.jpg
P1000786-417.jpg
サイトで見ると、正直、なんかイマイチだなあ、
と思ってたんですが実物は良かったです。2種類購入w

17:00開場、19:00開演ということで、
早目に中に入りました。
最初は人がまばらだったけど、開演前には、ほぼ満員に。
さすがですねえ。大不況の街・大阪で¥12,000のチケットが
これだけ売れるんだから。

そして、このステージ。ものすごくワイド。
ビッグネームの証ですね。
P1000790-768.jpg
座席は、22列目103番。前回よりもかなり前。今回は
スクリーンではなく、肉眼で彼らの姿をとらえられそうです。
イーグルス4公演の中で、いちばんいい席かも。


イーグルス日本公演2011 3/1大阪京セラ ドーム

Glenn Frey、Don Henley、Joe Walsh、Timothy B. Schmit

Steuart Smith(g)Scott Crago(ds)Michael Thompson(key)
Will Hollis(key)Richard Davis(key)Al Garth(violin,alto sax)
LesLovitt(trumpet)Chris Mostert(alto sax,tenor sax)
Greg Smith(baritone sax)



第一部

ほぼ定刻通りに場内暗転。
1曲目は、スティーブヤングのカバー、
「seven bridges road」
見事なコーラス。でも、リズムが少し
ぎこちない気がしました。ライブは久々なのかな。

続いて、最新アルバムに収録されていた
J.Dサウザーの曲。ボーカルは、ドンヘンリー。
「How Long」
レコードを完璧に再現という感じ、うまいです。
ドンヘンリーがすごく太ったという印象。
正直、ミュージシャンには見えないなあ。

ここでMC、日本公演のトークの第一声はグレンフライ、
「こんばんは〜」という日本語でした。

続いて、ティモシーシュミットがリードボーカル。
「I don't want to hear anymore」

この後、早くも、おそらく人気NO1と思われる
あの名曲が登場。
「Hotel California」
ギターのイントロで、グレンフライとサポートギタリストの姿が
浮かび上がりますが、ドンフェルダーではないのが、やはりさみしい。
でも、このスチュアート・スミスというギタリスト。
かなりの腕前ですね。前回は、ドンフェルダーのコピーに徹してた
ように感じましたが、今回は微妙にフレーズを変えているようです。

ここまでのセットリスト、レコードコレクターズを読んだ方なら
わかると思いますが、昨年の最終ツアーとまったく同じ。
予想はしていましたが、今回のツアーは、昨年と同じ曲が
用意されているようです。

「peaceful easy feeling」
グレンフライがリードボーカル。
んん? なんか声が変わった? あんまり声が
出てない気がしました、とくに高音部。
途中、オオサカ、ジャパ〜ンなんて叫ぶ。

「I can't tell you why」

「witchy woman」
デビューアルバム収録曲、witchy woman(魔女のささやき)が
聴けたのはうれしかった。
でもコーラスの「witchy woman〜」の部分…
んんんん〜〜〜、
ランディマイズナーのあの力強いハイトーンが聴きたいw

「Lyin' Eyes」
この曲でも、グレンの声がのびてないな、という印象。
「Boys of Summer」
ドンヘンリーのソロ名義のヒット曲。
ドンもあんまり声が出てないみたい。MCでも
声がかなり枯れてたし。やっぱり久々のライブなのかな?

「In the city」
ジョーウォルシュ、もともとボーカルはふらつく人だけど、
ちょっと不安定。ジョーも、久々に歌ったって感じ。
でも、ギターはいいです。元気です。

第一部ラストは、おなじみのヒット曲。
「The Long Run」
この曲ではじめて、お客さんが立ち上がりました。
なんか、あんまり盛り上がらないままに第一部終了。



第二部

前回と同じように、第二部はアコースティックセットでスタート。
4人がイスに座りアコースティックギター
(ティモシーはベース)を演奏します。
選曲は、「ロングロードアウトオブエデン」が中心。

「no more walks in the wood」
「waiting in the weeds」
「no more cloudy days」
「love will keep us alive」
「best of my love 」
まさにレコードの再現。そつのない演奏とコーラス。
J.Dの「best of my love」もうれしい選曲でした。

「take it to the limit」
グレンがリードボーカル。

「long road out of Eden」
アルバム、タイトル曲。

再結成後のアルバムを中心とした、アコースティックな第二部。
耳に心地いいんだけど、個人的にはちょっと中だるみ。
イーグルスって、アメリカを代表するロックバンドだったわけでしょ。
それを脱してくれるのは、前回同様あの人かな?と
思っていたら、そうでした。弾くんだジョー!

「walk away」
ジェームス・ギャングの曲。
高年齢の観客が、ようやく重い腰を上げはじめましたw

「one of these nights」
個人的にいちばん聴きたかった曲。スチュアート・スミスの
ギターが一瞬聴こえなくなるというトラブル。
彼のせいじゃないんだけど、かなりあせっていたようだ。
そのせいで、ギターもちょっとミスったかな。

グレンによるメンバー紹介。

ジョーウォルシュと観客との掛け合い。

「life's been good」
「dirty laundry」
「funk #49」
このあたりから、やっとロックバンドらしい
演奏になってきました。
ジョーウォルシュの独壇場です。

そしておなじみのヒット曲でフィナーレへ。
「heartache tonight」
「life in the fast lane」

アンコール

「take it easy」
「desperado」

休憩15分を含む二部構成。
実質の演奏時間は、2時間40分ぐらい。
昨年のセットリストには、アンコールでもう一曲
「Rocky Mountain Way」が含まれていますが、この日は
省かれました。おそらく時間の関係だと思います。
名古屋や東京では演奏されるでしょう。


全体の感想としては、前回と同じ。不満と満足が半々。
聴きたかった曲は聴けたけど、
ライブとしては、面白みに欠けました。
う〜〜〜〜〜、熱いものが
あんまり感じられない(ジョー以外は)。
高揚感がないというか、
ノッてこないんですよね。
ライブではレコードを完璧に再現するというのが
ドンヘンリーの方針のようなので、しょうがないんでしょうけどね。
アドリブは許されず、ソローパートまで厳しく
チェックされるそうですが、一音の違いもない完璧な
ルーティンワークじゃね〜、緊張感は生まれないと思います。
言い換えれば、イーグルスライブは、そのツアー中、
おなじセットリスト、おなじ演奏。いつどの場所で見ても、
変わらないってわけ。ボブディランとは正反対ですね。

ライブのクオリティとしては、前回よりかなり
落ちるんじゃないかな。PAやマイクの不備もあったし、
声もあんまり出てなかった。演奏も、まだまだ
完璧主義のドンが求めるパフォーマンスにはほど遠いって感じ。
リハ代わりとまでは言わないけど、
多少その意味合いもあるのかな。
初日っていうのは、ライブの質が、
みんな良くないんでしょうけどね。

いろいろ文句ばっかり書いてますが、
でも、イーグルスを見れて良かった。
おそらく最後だろうけど、もしまた来日したら
見にいくと思います。

なぜ、そんなにイーグルスにこだわるのか?
う〜ん、それは、リアルタイムで「ホテルカリフォルニア」を
聴いたからだと思います。アメリカに憧れ、
メイドインUSAファッションを纏っていた世代だからでしょうね。
あの時代、最高峰のロックバンドがイーグルス。
その姿を最後まで見届けたい、みたいな感覚ですね。


セットリスト

Seven Bridges Road
How Long
I Don't Want to Hear Anymore
Hotel California
Peaceful Easy Feeling
I Can't Tell You Why
Witchy Woman
Lyin' Eyes
Boys of Summer
In The City
TheLong Run

2部
No More Walks In The Wood
Waiting in the Weeds
No More Cloudy Days
Love Will Keep Us Alive
Best of My Love
Take It To The Limit
Long Road Out Of Eden
Walk Away
One Of These Nights
Life's Been Good
Dirty Laundry
Funk #49
Heartache Tonight
Life In The Fast Lane

アンコール

Take It Easy
Desperado

nice!(8)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 34

RK&J

そんな前でみられてましたか。いいですねぇ。
74列目で見てたのであまり細かくみれませんでした。

私の場合、リアルタイムがロングランの頃なんで
I Can't Tell You Why がグッと来ましたね。
これもティモシー声の調子今ひとつなのかなと感じ
ましたが。

初めてのイーグルスは忠実にやっていたという感じは
しました。
アドリブを許さないドンは、ドリフの長さんみたいな
感じなのでしょうか。
見た目はバースを思い出しましたがwww

詳しいレポートありがとうございました。
by RK&J (2011-03-02 16:43) 

BRUCE06

バンドのメンバーそれぞれ、
のどの調子がいまいちと感じましたね。
ドンヘンリーは、サウンド面は相当
うるさいようです。
まさに長さんかもしれませんね。

バースですかw
なるほど。私は、竜雷太みたいだ、と
感じてましたw
by BRUCE06 (2011-03-02 16:59) 

KGCHACHA

実は私も観てたんです。5列37~39番でオヤジ3人40歳後半から50歳前半で、かなり前だったので、ソロの部分はスクリーンとステージを交互に観ておりました。70年代から現在の彼らを満喫できオヤジ3人は満足でしたが、DHは確かに少し自分の体重に厳しくして欲しいものですね。
by KGCHACHA (2011-03-02 17:35) 

BRUCE06

5列目ですか、すごいですね。
彼らの現在の風貌がよくわかったでしょうね。
辛口のレポを書きましたが、
大ファンなのでその裏返しでもありますww
ドンヘンリーには
もうちょっと、ウエイトを落として
ほしいですけどね。
by BRUCE06 (2011-03-02 19:43) 

sak

当日券で入れれば...
でなくても外で聞いていてもいいかなって思って行ったら
譲ってもらえて...
Hotel California、オープニングじゃなかったのですね
I can't tell you whyの途中から入ったから
聞きたかったなぁ
by sak (2011-03-02 21:37) 

toshihito121

私もアリーナ21列60番台で見ていました。ライブレポート楽しく拝見しました。シビアですね。イーグルスがすごく好きなのですね。でも私は昨日のライブ大満足です。メンバーみんな60歳超えてるんですよ。あれだけ声が出れば充分です。ご指摘のとおりOne of these nightsでのスチュアートのギターの不具合、彼は慌てて足元のエフェクターを踏んでいました。そのあと袖にいるスタッフに一言二言話してましたね。"おまえ、ちゃんとセットしとけよ"とでも言ってたんでしょうね。その他にもこの曲のイントロでグレンのギターも音が出ていませんでした。彼もすぐにシールドをチェックしていました。私はこの光景を見たとき、プロでもありなんやな、と親しみさえ感じました。盛り上がりに欠けたのは、やはり高齢観客のせいではないでしょうか? 私もHotel Cariforniaをきいたのは23歳くらいでした。私にとっては昨日のライブは最高でした。
by toshihito121 (2011-03-02 22:24) 

joh_Y

私も結構前の方のやや右寄りで妻と二人で見てました。
ドラムに座ったドンの顔がシンバルにかぶって見えないという若干の不幸はありましたが、満足度は高かったです。ライブバージョンのHotel Californiaのエンディングは、何度聞いてもやはりしびれます。
ただ、終盤にさしかかったところで「please stand by」というスクリーンの文字を見て「stand up」と勘違いして立ち上がった人達が多かったのではないかという疑惑が残っています。近くに有名な曲しか知らなそうな人達が居たのですが、その人たちまで立ち上がってしまって…
by joh_Y (2011-03-03 00:59) 

Julia

イーグルスのLive,行かれたんですね。
名古屋は、今日です。
私は・・・諸般都合があり行かれません(^^;
by Julia (2011-03-03 08:54) 

キンクス親父

本日、名古屋公演に行きますが豊橋から行くので3時間のコンサートだと終電が心配です。
しかしアンコールコールは、しつこいぐらいすると思います。
アリーナの前から7列目です。
by キンクス親父 (2011-03-03 09:42) 

BRUCE06

sak さん。
I can't tell you whyからですか。
もう少し早かったら
間に合ったのに残念ですね。


toshihito121さん。
私がホテルカリフォルニアを聴いたのは
もう少し若かったです。でも衝撃でした。
確かに声が出なくなるのは
しょうがないんでしょうね。
でも、寂しいですw
ただ、ライブはレコードを完璧に
再現するものだ、というドンヘンリーの
考え方は、あんまり賛同できないんですよね。
個人的な考えですけど。


joh_Yさん。
そうそう、「stand by」という文字で、
急にお客さんが立ち上がりましたよね。
あれにはびっくりしましたw


Juliaさん。
名古屋は今日ですね。
大阪は当日券が残ってたようですが、
名古屋はどうなんでしょう。


キンクス親父さん。
おそらく、アンコールでもう一曲、
増えるだろうと予想されます。
その曲は長いので、3時間をこえる
かもしれませんね。
楽しめるといいですね。




by BRUCE06 (2011-03-03 10:26) 

bunmei

詳しいレポート、有難うございました!1塁側内野席でかなり遠かったので、トラブルの様子がわからなくて、ピッキングミスかと誤解してました。ちょうど学生時代にバンドで沢山コピーしていたので(ほぼ、リアルタイム世代です!)本当に懐かしかったです。一番印象的だったのがLES LOVITTのトランペットソロというのは少し寂しかったですが・・・。
by bunmei (2011-03-03 10:46) 

BRUCE06

bunmei さん。

確かに、トランペットの音が
印象的でしたね。
個人的にはホーンセクションなしでも
いんじゃないか、とも思うんですが、
サポートを増やすのはベテランバンドの
宿命みたいなものなんでしょうね。
でも、懐かしい曲が聴けて良かった。

by BRUCE06 (2011-03-03 10:57) 

あおいぬ

愛ある辛口ライブレポ楽しく拝見しました!
 
僕は56列目でしたので最初はステージが果てしなく遠くに感じましたが
左右のスクリーンがよく見え、視覚的には大満足でしたね。

カメラの台数が多いのかアングルも良く、Boys of Sumerではモノトーンに
切り替えたりと、さすが計算されてるな~って感じました。
 
 
肝心の演奏ですが、ご高齢さを考えると声は出ている方なのでしょうが、
なにぶん来日初っぱなのステージではあきらかに歌いこみ不足ですよね
ツアー最終の東京あたりだともっと声が出ているのか・・・な?

 
演奏は全般にしっかりしてましたし、特にジョーの元気っぷりにはびっくり。
ただ二部スタート時のアコースティックのオンパレードにはちょっと・・・
それに曲数が多いのは知ってましたが、休憩含めて3時間は長いです。
個人的には少し曲も絞り込んで実質演奏2時間あたりが理想ですね。 
 
ちょうど1週間前に観たホール&オーツが1部構成で1時間半だったので
余計に長く感じてしまったんでしょうか。
 
 
でも、やっぱりいい演奏が聴けて良かったです。

 






by あおいぬ (2011-03-03 16:35) 

BRUCE06

あおいぬさん。

年齢を考えると、そうですよねw
声の衰えはどうしようもないのかも
しれませんね。
ただ、ジョーウォルシュはあんなに
元気なのに、他のメンバーは?
というのもありました。
グレンは手術してますし、ドンは腰痛持ち、
う〜ん、しょうがないかあw

by BRUCE06 (2011-03-03 17:20) 

KING

明後日、東京ドーム参戦してきます!
10列目なので、この目に焼き付けて来たいと思います。

セトリあえて見てません・・・

ガマン、ガマン・・・


by KING (2011-03-03 18:44) 

BRUCE06

KINGさん。

10列目ですか、
いい席ですね。
楽しんでください。
by BRUCE06 (2011-03-03 19:25) 

yukky_z

イーグルスって 現役時代(70's)も来日公演を行って
ますが、その頃のレヴューを音楽雑誌で読んだところ、
やはり散々な辛口批評でした^^; 彼らクラスのバンド
だったら、もっと完成度の高い演奏を見せてもらい
たいもんですけどね・・・。
by yukky_z (2011-03-04 00:02) 

大阪のピロコおばちゃん

はじめましておじゃまします。
by 大阪のピロコおばちゃん (2011-03-04 01:33) 

大阪のピロコおばちゃん 再稿

大阪公演、私はスタンド席でしたが、最後迄みんなチンと座ってて…二部構成といい、ビックリしました。
ジョーの「どや!」なキレ具合に、むっちゃ友達になりたい思いました。そして、中学時代から大好きな、ティモシー、惚れ直しました。きゅぴ。カッコ良すぎる還暦。
by 大阪のピロコおばちゃん 再稿 (2011-03-04 01:54) 

日の出焼酎

私は36列目でライブ見ました。前回の来日以来、2度目に見るコンサートでしたが、私もほぼ同感で、ちょっと不完全燃焼なライブっていう印象でした。
なんたってイーグルスだし、しかも前回から9年振りの来日ということで、期待を大きく膨らませすぎたのかもしれません。曲それぞれを聞いてるにはいいんです。演奏も良かったし、彼らならではの乱れのないコーラスもさすがでした。でも、何かチガウ。。。"Long Road Out Of Eden"からの曲が想像していた以上に多かったのと、メンバー同士がしっくりかみ合ってない印象を受けて。具体的にどこがどう、とはいえませんが、いいライブに行くと感じるWaveのようなものが伝わってこなかったのです。でもライブであの名曲の数々に浸ることができたのは至福のときでした。出来れば何年か後に、もう少しコンパクトなホールで観てみたい。
by 日の出焼酎 (2011-03-04 10:20) 

BRUCE06

yukky_zさん。
再結成前のライブというと、
2回来日してますが、2度目のときは
辛口な批評も多かったようですね。
私は、初めてのイーグルスライブ、
ということで、ものすごく興奮しましたがw
演奏はうまい、というかそつがないと
思うんですけど、それが逆に面白みに
欠けるというように感じました。



大阪のピロコおばちゃん さん。
お客さん、確かにおとなしかったですね。
立った観客に「座れ!」とどなる人が
いて、驚きましたw
ジョーは、いいですよね。この人が抜けたら
ライブは出来ないでしょうね。


日の出焼酎さん。
メンバーがしっくりきてないというのは、
ドンフェルダーの自伝で知りましたが、
イーグルスは、実質ドンヘンリーと
グレンフライのふたりだけ。
ジョーとティモシーは、雇われ人という
関係だそうです。つまりギャラもぜんぜん違う。
そのあたりが関係してるんでしょうね。
ライブならではの「熱」みたいなものが
伝わってこないのが残念ですね。
「イーグルス」というビッグネームの束縛から
解放された彼らの演奏を小さなホールで
聴いてみたいです。





by BRUCE06 (2011-03-04 10:35) 

Jun

私はリアルがWitchy woman

ライブレポ、ありがとうございます。明日のドームが数倍楽しくなりそうです。

初来日の時、武道館の2階席、2度目が1階席、3度目が東京ドームで初アリーナ!明日は東京ドーム1階席~
一番好きな、ドン・ヘンリーあんまり声でなくなっちゃったんですか---明日はどうだろう?
そして、テキーラサンライズ、歌って欲しいのですが・・・

by Jun (2011-03-04 21:37) 

BRUCE06

Junさん。

かなり昔から、聴かれてたんですね。

グレンは声量が……
と感じましたが
ドンヘンリーは声が枯れてる
印象がありました。
東京はどうだったんでしょうね。


by BRUCE06 (2011-03-07 10:34) 

なぴー

大阪公演の15列目で楽しませてもらいました。
私も BRUCE06 さんと似たような感想を持ちました。
けど、ジョーのギターは凄かった!あの色気のある音がたまりませんでした。彼は、天才だと思います。私は、アリーナの15列目の少し右よりだったのですが、みなさんお行儀よく座っていらっしゃっいました。迷惑かな?と思いつつ、じっとしていられなくて、踊りながらジョーのギターをを堪能させてもらいました。最高でした!
Rocky Mountain Way これが聴けなかったのが非常に心残りでした。ちょっと盛り上がりに欠けるライブではあったけれど、また来日したら絶対に行きます。
by なぴー (2011-03-07 16:40) 

BRUCE06

なぴーさん。

ヤジを飛ばす人がいたり、
観客のマナーについて、あちこちで
書かれていますねw

Rocky Mountain Way、
やはり東京公演では演奏したようです。
ジョーが素晴らしかっただけに
聴きたかったです。



by BRUCE06 (2011-03-08 10:22) 

なぴー

お返事、ありがとうございます。
あちこちのライブレポートを読みました。
「ランディ、の変わりに歌うな」とか、グレンに向かって英語でやじたなんてありました。興ざめですね・・なんか悲しい。
ただでさえ、立つと叱られないかな?と遠慮しなくちゃいけない空気が漂っていて、まるでお通夜みたいな緊張感があったのに。
スタンディングするのが嫌な高齢者は、来ないでほしいです。
すみません、ぐちってしまって。
by なぴー (2011-03-09 12:42) 

なぴー

高齢のお客様に対して少し怒りながら書いたので、誤字脱字がありました。
ごめんなさい。

ジョーのギターのあまりのカッコ良さに、まだ興奮が冷めていないせいかも?です。
by なぴー (2011-03-09 12:48) 

BRUCE06

なぴーさん。

あの曲は、ランディマイズナーの代名詞
みたいな曲なんで、そういう
ヤジが飛んだんでしょうね、残念です。
でも、彼らは、精神的にヤワなメンバーでは
ないでしょうし、笑い飛ばしていますよ、たぶんw

ジョーは、かっこよかったですね。
今やイーグルスには欠かせない存在です。

by BRUCE06 (2011-03-09 18:16) 

なぴー

BRUCE06さん、たびたびのお返事ありがとうございます。
そうですよね、精神的にヤワだと、あそこまで上り詰められなかったと、今思いました。

またホテルカリフォルニアのアルバムを聴きなおしてみたんですが、このアルバムはオペラ仕立てになってるようにも感じました。
数え切れないくらい聴いているのに、時と共に感じ方が違っていて、いつ聴いても素晴らしいアルバムだと思います。
イーグルスのアルバムは全部持っていますが、このアルバムは本当に凄い! 

こちらのHPをお気に入りに入れさせていただきましたので、また遊びに来させていただきます。何度もありがとうございました。
by なぴー (2011-03-11 12:52) 

BRUCE06

なぴーさん。

ブックマークしていただいた、
ということで、
ありがとうございます。
また、お越しください。


by BRUCE06 (2011-03-11 16:08) 

中学生洋楽マニア

今年で中二でイーグルスライブ見に行きました
ホテルカリフォルニアの最初のトランペットよかったです
その次の日学校でテストがあったんだけど
みいった
本当によかった
old55やってほしかった
fm co co roで知ってみにいった
やはりジョーが一番元気があった
by 中学生洋楽マニア (2011-04-08 14:42) 

BRUCE06

中学生洋楽マニアさん。

コメントありがとうございます。
old55、いい曲ですね。
オリジナルのトムウェイツバージョンも
渋いですよ。機会があれば
聴いてみてください。
by BRUCE06 (2011-04-11 10:54) 

boba

初めまして<(_ _)>

今年のイーグルス公演、ボクも東京ドームに行きました♪

ボクは1995年以来2度目だったのですが、じっくり味わってきました。。
by boba (2011-04-28 20:43) 

BRUCE06

boba さん。

コメントありがとうございます。
95年というと、前の前の来日時ですね。
関西は、甲子園球場でした。
あの時は、ドンフェルダーがいましたよね。
by BRUCE06 (2011-05-06 18:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0