So-net無料ブログ作成

ボブ・ディラン日本公演2016 4月11日大阪フェスティバルホール。 [音楽(ボブ・ディラン)]

東京からはじまったボブディラン2年ぶりの日本公演。
その大阪公演が11日からはじまった。大阪は11、12、13の3日間。
最後の11日は、後から決まった追加公演だ。

IMG_0484YY.jpg


大阪公演初日の11日、この日は、開場30分前の17:30分についたのだが、
すでにグッズ購入のすごい列ができていた。やっぱり人気だなあw
開場は定刻通り。客層は、前回とくらべて、かなり年齢層が高いように感じる。
毎回、若いファンが多いのでびっくりするのだが、
今回はその逆。自分より先輩だと思われる方々がすごく多い。
これは、おそらくホールツアーだからだろう。ボブディランのコンサートは、
ずっとスタンディング席がメインのライブハウスツアーだった。
そのとき、すわれないからという理由で断念していた方々が
15年ぶりのホールツアーということで、集まったのではないだろうか。

で、ライブの中身だが、予想とはかなり異なるものだった。
まずはセットリスト。ほとんどが、スタンダードのカバーアルバムである
最新作「Shadows In The Night」と前作「Tempest」から。
数々の代表曲、ヒット曲は封印され、披露されたのは
Tangled Up in BlueとBlowin' in the Windの2曲のみ。
「Shadows In The Night」からの選曲が増えるだろうと思ったけど、
昔の曲ももう少しやってくれるんじゃないかと予想していたんだけど……。

そして、ディランの声。「Shadows In The Night」で話題になった
「キレイな声」は、ライブでもそうだった。
自分のオリジナルは、独特のダミ声で歌うのだが、
スタンダードナンバーは、キレイに歌う。そして、うまい。
つまり歌い分けできるということだ。

20分の休憩をはさんで、2時間強のライブ。
実質は1時間40分ぐらいだと思う。
過去と比べて時間が短くなっているが、これは年齢のせいとか
そういうものではなく、セットリストに短い曲、
スタンダードナンバーが多いからだと思う。
この人は、時間でというより、曲数でセットリストを
決めてるような気がする。
正直、セットリストでいえば、過去の日替わりセットリストだった
あの頃の方が好きだ。でも考えてみれば、これだけのキャリアがあって
ヒット曲、代表曲が山ほどあるのに、それを封印して
近作だけでセットリストをまとめてしまうのって、すごい勇気がいることだと思う。
こんなことできる人は、日本にはいない、世界にもかな。
ふつうは、逆でしょw
曲ではなく、パフォーマンスで勝負する。
まったくお客さんにこびてない。
プロモーションの意味で新作を歌うのではなく、歌いたいから歌う。
今の自分で勝負したいから歌う。
ある意味、ロックだなあと思う。
あのチャーリー・セクストンが、ずっとディランのバンドに
いるのも、そういう理由ないんじゃないかなと思う。


ボブ・ディラン日本公演2016 4月11日 セットリスト

Bob Dylan :Vocal, Harmonica,Piano
Tony Garnier :Bass
Stu Kimball :Guitar
Donnie Herron :Pedal Steel,Banjo, Violin, Mandolin
George Recile :Drums
Charlie Sexton :Guitar


Set 1:

1 Things Have Changed シングス・ハヴ・チェンジド
(『Wonder Boys"(OST)』 2001/『DYLAN THE BEST(2007)』他)

2 She Belongs to Me シー・ビロングズ・トゥ・ミー
(『ブリンギング・イット・ オール・バック・ホーム/Bringing It All Back Home』 1965)

3 Beyond Here Lies Nothin' ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシング
(『トゥゲザー・ スルー・ライフ/Together Through Life』2009)

4 What'll I Do ホワットル・アイ・ドゥ
(『シャドウズ・イン・ザ・ナイト/Shadows In The Night』2015)

5 Duquesne Whistle デューケイン・ホイッスル
(『テンペスト/Tempest』 2012)

6 Melancholy Mood メランコリー・ムード
(来日記念EP『メランコリー・ムード』2016)

7 Pay in Blood ペイ・イン・ブラッド
(『テンペスト/Tempest』 2012)

8 I'm a Fool to Want You アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
(『シャドウズ・イン・ザ・ナイト/Shadows In The Night』2015)

9 That Old Black Magic ザット・オールド・ブラック・マジック
(来日記念EP『メランコリー・ムード』2016)

10 Tangled Up in Blue ブルーにこんがらがって
(『血の轍/Blood on the Tracks』1975)



Set 2:

11 High Water (For Charley Patton) ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パッ トン)
(『ラヴ・アンド・セフト/Love and Theft』2001)

12 Why Try to Change Me Now ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ
(『シャドウズ・イン・ザ・ナイト/Shadows In The Night』2015)

13 Early Roman Kings アーリー・ローマン・キングズ
(『テンペスト/Tempest』 2012)

14 The Night We Called It a Day ザ・ナイト・ウィ・コールド・イット・ア・デイ
(『シャドウズ・イン・ザ・ナイト/Shadows In The Night』2015)

15 Spirit on the Water スピリット・オン・ザ・ウォー ター
(『モダン・タイムス/Modern Times』2006)

16 Scarlet Town スカーレット・タウン
(『テンペスト/Tempest』 2012)

17 All or Nothing at All オール・オア・ナッシング・アット・オール
(来日記念EP『メランコリー・ムード』2016)

18 Long and Wasted Years ロング・アンド・ウェイステッ ド・イヤーズ
(『テンペスト/Tempest』 2012)

19 Autumn Leaves 枯葉
(『シャドウズ・イン・ザ・ナイト/Shadows In The Night』2015)

Encore:

20 Blowin' in the Wind 風に吹かれて
(『フリーホイーリン・ボ ブ・ディラン)

21 Love Sick ラヴ・シック
(『タイム・アウト・オブ・ マインド/Time Out of Mind』 1997)


セットリスト引用↓
HIGH-HOPES管理人のひとりごと



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

Facebook コメント