So-net無料ブログ作成

木村充揮「ザ・ライブ」 [音楽(木村充揮)]

木村充揮さんのライブアルバムが発売された。
ソロとしては初のライブ盤だ。ライブパフォーマンスが大きな売りの人だけに
初めてというのは意外な気がする。木村さんの場合、そこの空気、
そこにいるオーディエンスとあいまってのパフォーマンスが素晴らしい。
サウンドだけでそれを伝えるのは、難しい、そんな判断があったのかもしれない。

711dZG4WiRL._SL1128_.jpg

で、聴いてみたのだが、予想とはかなり違った内容だった。
まさにこれは、今の木村充揮の魅力を十二分に伝えるアルバムだ。
初のライブ2枚組ともなれば、1枚目をアコースティック、2枚目をバンドで
みたいな形にして、豪華ゲスト、代表曲満載という構成が頭に浮かぶが、
これはそうではない。2枚ともアコースティック、選曲もなかなかのもの。
おそらく、音源に後から手を加えたりせず、
そのままのライブではないかと思う。
笑いの部分、いわゆる「ボケ」も収録されていた。サウンドを聴かすことを
考えたら、あの「ボケ」はカットするだろうにw

収録は昨年4月。東京でのライブを収めたものだ。
木村さん一人のパートと、元アナーキーのギタリスト藤沼伸一との共演パート。
三宅伸治&梅津和時をゲストに迎えたパート、
そして盟友有山じゅんじとの「木村くんと有山くん」パート。
3つの共演パートの中で、ベストはやはり有山さんとの共演。
お互いを知り尽くしているというか、さすがのパフォーマンスだと思う。
「木村くんと有山くん」のライブ盤をリリースしてもらいたいものだ。

RCのカバー「いい事ばかりはありゃしない」、
憂歌団の隠れた名曲「たくわん」
ここ数年の定番、アホボケボケカスという
どぎつい大阪弁で綴った「いい感じ」などなど、選曲も
ファンをうならせるもの。

セールスとかややこしいことは抜きにして、木村充揮という
ミュージシャンの魅力を素直に伝えよう。
そんなアルバムが、初めてリリースされたように思う。


ザ・ライブ!

ザ・ライブ!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: CD





木村くんと有山くん

木村くんと有山くん

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UK.PROJECT
  • 発売日: 1998/11/11
  • メディア: CD



HAPPY GO LUCKEY

HAPPY GO LUCKEY

  • アーティスト: 憂歌団,多木比佐夫,木村充揮
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1994/12/21
  • メディア: CD





木村充揮自伝 ~憂歌団のぼく、いまのぼく

木村充揮自伝 ~憂歌団のぼく、いまのぼく

  • 作者: 木村充揮
  • 出版社/メーカー: K&Bパブリッシャーズ
  • 発売日: 2012/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

Facebook コメント